【場所】逗子市池子2丁目崖崩れドラレコは?マンション現場住所に「危ない」との声も?

  • 2020年2月6日
  • 2020年2月6日
  • 社会

2月5日、神奈川県逗子市池子2丁目8番地で崖崩れ(土砂崩れ)が起きました。

この崖崩れによって逗子市内の県立高校の女子高生18歳が巻き込まれ死亡しました。

原因は現在のところ解明中とのことでしたが、事故現場のマンションの立地や斜面の状況が危険との声も出ています。

この記事では逗子市池子2丁目で起きた崖崩れ事故の場所とマンションの現場住所について、事故当時のドラレコの映像はあるのか、被害者は誰なのかについてまとめました。

神奈川県逗子市池子2丁目8番地崖崩れ事故のドラレコは?


2月5日、神奈川県逗子市池子2丁目8番地の道路脇歩道で崖崩れ事故が起きました。

土砂崩れ後、歩道は土砂で覆われていたということでかなり大きな土砂崩れであったことが分かります。

この事故に巻き込まれ、横須賀市内の高校に通う18歳女子高生が死亡しました。

女子高生の他にも複数人が土砂崩れに巻き込まれる様子がドラレコに撮られていたとのことでした。

現在のところ、土砂崩れが起きた原因についてはドラレコを元に解析中とのことで映像は公開されていません。

土砂の量から崖が崩れた瞬間は相当な勢いだったことが想像できます。

報道によりますと、事故が起きた場所は土砂災害警戒区域(イエローゾーン)だったとのことでした。

逗子市池子2丁目土砂崩れ事故のマンションの現場住所はどこ?地図は?


今回、神奈川県逗子市池子2丁目で起きた土砂崩れ事故ですが、ネット上ではマンションの位置が危険との声がありました。

ここでは、事故が起きた場所と原因についてまとめました。

まず、事故が起きた場所の地図がこちらです。

こちらの事故現場を上から見た地図がこちらです。

逗子市池子2丁目8番地土砂崩れ

twitterではこの場所は危険であると指摘する声もありました。

また、今回の逗子市池子2丁目の崖崩れ事故の原因については、積石の乱雑さが指摘されていた他、1月21日に起きた地震の影響を指摘する声もありました。

逗子市の震度は1〜2とのことでしたが、土砂災害警戒区域の場合はこの程度の震度でも地盤への影響は十分にあることが予想されます。

逗子市池子2丁目崖崩れ事故の被害者は誰?


また、ネット上では今回の逗子市池子2丁目で起きた崖崩れ事故の被害者は誰?と疑問の声が上がりました。

ここでは、逗子市池子土砂崩れ事故の被害者の状況について調べました。

まず、報道で大きく取り上げられたのは逗子市内在住で横須賀市の県立高校に通う18歳の女子高生でした。

目撃情報によれば、女子高生が前を歩く男性を追い越したあと、間も無く崖崩れが起こったとのことでした。

また、女子高生の他にも男性が1人巻き込まれたとのことでした。

ネット上では被害者女子高生の通っていた高校を特定する記事が見られましたが、被害者の個人情報を拡散するのは危険です。

情報の取り扱いには注意しましょう。

ネットの反応