米子医療生活協同組合のトイペデマ犯人は誰?富田優史が職員実名?理事長が謝罪!

3月4日、職員がトイレットペーパー品切れデマを流したとして米子医療生活協同組合の理事長が謝罪コメントを発表しました。

ネット上では米子医療生活協同組合のデマの犯人は誰?と話題になっていましが、職員の実名は富田優史と特定されています。

この記事では、米子医療生活協同組合のトイペデマの犯人は誰なのか?富田優史についてや理事長の謝罪コメントについてまとめました。

米子医療生活協同組合 理事長がトイペデマを謝罪


新型コロナウイルス感染拡大が続いていますが、ネットではトイレットペーパーやティッシュペーパーなどが売り切れるというデマが拡散しトイペの買い占め・買いだめが続出しました。

3月4日、米子医療生協の職員にデマ情報をSNSに投稿した者がいたとして理事長が謝罪文を公表しました。

ここでは、米子医療生活協同組合の理事長のトイペデマ謝罪コメントについてまとめました。

まず、こちらが米子医療生協の理事長である梶野大の謝罪コメントです。

米子医療生協富田優史米子医療生協公式ホームページより

米子医療生協の謝罪コメントでは、新型コロナウイルスの影響によりトイレットペーパーが品薄になるという情報を流した職員が米子医療生協にいたことが述べられました。

これに対して、犯人の職員に対しては米子医療生協の規定にしたがって厳正な対応を検討すると述べられています。

これは、おそらく米子医療生協に苦情の電話などが殺到したからでしょう。

実際、この犯人職員の自宅や電話番号には怒りの電話が殺到したそうです。

また、こちらの米子医療生協の謝罪文ではデマ情報をSNSで流した「投稿者の1人が米子医療生協にいた」と書かれていました。

この謝罪コメントの文面から、他の職員は特定できていないのか?米子医療生協には他にもデマを流した職員がいたのか?と疑問の声が上がっていました。

これに関しては不明ですが、おそらくデマを流したのは米子医療生協の職員だけではないということが言いたいのでしょう。

実際、米子医療生協のデマ犯人の職員以外にもトイレットペーパーがなくなると予想しSNSにデマを流した方は見つかっています。

米子医療生活協同組合のデマ犯人の職員は誰?職員の実名は富田優史と特定?


今回、トイレットペーパー品薄デマを流したとして炎上した米子医療生協の職員ですが、ネット上では米子医療生協の職員の実名は?と話題になっていました。

ここでは、米子医療生協のトイペデマ犯人の職員は誰か?実名は富田優史と特定?についてまとめました。

今回、トイペ品切れデマを流して炎上している米子医療生協の職員ですが、犯人の実名に関しては「富田優史」とすでに特定されていました。

米子医療生協は職員の名前までは公表しなかったものの、鳥取県米子市の医療生協ということから、以前からトイペデマの犯人として批判されていた富田優史のwikiプロフィール情報と一致したことで特定に繋がったようです。

富田優史はfacebookで自分の勤務先会社や住所まで公開しており、勤務先は医療生活協同組合で自宅住所は鳥取県米子市と公開してました

米子医療生協富田優史富田優史のfacebookアカウントより

富田優史は自宅住所の他にもメールアドレスや携帯電話の番号まで特定されており、多くの方が苦情の連絡を入れているとのことでした。

また、富田優史はfacebookに「メルカリガチ中」と記載していることから転売ヤーとしても非難されました。

トイレットペーパーを買い占めて転売していると批判された富田優史はfacebookで否定していました。

富田優史facebook謝罪

富田優史の個人情報流出や被害の現状についてはこちらで詳しくまとめました。

富田優史(ゆうじ)のwikiや自宅住所はデマ?facebookで謝罪もtwitterで批判止まず?

ネットの反応