【東京マラソン中止】日本人→返金なし 中国人→返金ありの理由は?国籍別措置に批判殺到!

新型コロナウイルス感染拡大の恐れから3月1日に予定されていた東京マラソン2020ですが、一般参加の取りやめが決定しました。

また、この中止によって、中国人在住ランナーに対しては参加費返金し、日本人ランナーに対しては返金なしという国籍別措置に批判の声が殺到しています。

一体、なぜこのような措置を取ったのでしょうか?この記事では、東京マラソン2020中止による参加費返金対応・措置へのネットの反応をまとめました。

東京マラソン2020一般参加が中止に


3月1日に予定されていた東京マラソン2020ですが、新型コロナウイルス感染拡大への懸念から、一般参加の中止が決定されました。

東京マラソン2020の定員は3万8千人でしたが、当日はエリートランナー約200名による開催となる見通しです。

エリートランナーの条件は、男子は2時間21分以内、女子は2時間52分以内を記録するなどした選手とのことでした。

この他にも、車椅子マラソンの部もエリート選手のみの参加とし、男女30人ほどに絞られる見通しです。

東京マラソン2020の参加費 日本人は返金なし・中国人は返金ありに批判殺到

今回、新型コロナウイルス感染の影響により一般参加の中止が発表された東京マラソン2020ですが、参加費の返金や措置が物議を醸しているようです。

この東京マラソン2020ですが、ランナーは国内ランナーは16,200円、海外ランナーは18,200円の参加費を支払って参加しています。

しかし、今回、一般ランナーの参加が中止ということで、参加費の返金は?とランナーの間では疑問の声が上がっていました。

東京マラソンは日本人ランナー、中国在住ランナーに対して以下のような

■日本人ランナー:参加費返金なし+来年の参加資格は与えるが別途参加費が必要
■中国在住ランナー:参加費返金なし+来年の参加費無料
実際は日本人ランナーも中国人ランナーも返金なしには変わりありません。
しかし、中国人だけ来年の参加費が無料という点が「差別」「不平等」と問題になっているようです。

東京マラソン2020参加費返金なしの理由は?twitterの反応!

また、東京マラソン2020の参加費返金なしの理由は?と疑問の声が上がっています。

東京マラソン2020のエントリー規約には以下のように記載されていました。

積雪、大雨による増水、強風による建物等の損壊の発生、落雷や竜巻、コース周辺の建物から火災発 生等によりコースが通行不能になった結果の中止の場合、関係当局より中止要請を受けた場合、日本 国内における地震による中止の場合、J アラート発令による中止の場合(戦争・テロを除く)は、参加 料のみ返金いたします。なお、それ以外の大会中止の場合、返金はいたしません。

東京マラソン 2020 エリート 募集要項

つまり、今回の大会は「関係当局などにより中止要請を受けた場合に相当せず、大会側が規模を縮小しただけ」と解釈されるのでしょうか。

何れにせよネットでは疑問の声が多く上がっていました。

結局、マラソン側も金儲けなのか?中国に媚びているのか?そんな意見や理由が見られました。