TOEIC中止になったら院試や単位はどうなる?今後の対策方法まとめ!

新型コロナウイルスの影響でTOEIC中止の危機!

TOEIC中止になったら大学院入試や単位取得はどうなる?

今後の対策方法まとめ!

TOEIC中止の危機で院試や単位で詰む人続出!

英語能力テスト「TOEIC」の開催が中止になる可能性を受け、院試や単位取得にTOEICを必要としていた多くの大学生が困惑しています。

TOEIC中止の場合どうすれば良い?過去の例を参照!

新型コロナウイルスの影響でTOEIC中止になったとすれば、大学院入試や単位取得はどうすれば良いのでしょうか。

過去にTOEIC中止になったのは、2011年東日本大震災の時でした。

この際の対応は、受験料返金、公開テスト申込証明書の発行で、追加の開催はありませんでした。

「公開テスト申込証明書の発行」があれば、院試や単位取得で何とかなるかもしれません。

大学や大学院も新型コロナウイルスを受けてある程度の対応はすると予想されるので「公開テスト申込証明書の発行」を提出すれば何とか院試や単位取得が可能になるかもしれません。

とはいえ、これは東日本大震災の時の対応なので、今回は違う対処法になる可能性もあります。

公式の発表を待ちましょう。