新国立競技場の設計ミスがヤバい!聖火台なし/トイレ/屋根/エアコン/オリンピック問題点まとめ!

新国立競技場の決定的な設計ミスがヤバいと話題になっています。

ここでは、聖火台、トイレ、屋根の雨天対策、エアコン、など新国立競技場の問題点をまとめてみました。

新国立競技場を実際に使ってみた人の感想や評判も公開!

新国立競技場の決定的な設計ミスがヤバい!問題点まとめ

新国立競技場の問題点①トイレが少なくてウォシュレットがない

新国立競技場は外のトイレが少ないと言われています。

また、日本のトイレと言えばウォシュレットが有名ですが、新国立競技場のトイレはウォシュレットがついていません。

おもてなしができてないのではないかとの批判があります。

新国立競技場の問題点②通路や椅子が狭過ぎる

新国立競技場は通路が少ない上に、狭いと批判されています。

さらに椅子が狭いので、新国立競技場はとにかく狭いと言われています。

新国立競技場の問題点③ダサい

有名な建築家・隈研吾さんが設計した新国立競技場ですが、一部ではダサいと批判されています。

新国立競技場のデザインについては賛否両論のようです。

新国立競技場の問題点④聖火台がない

新国立競技場に聖火台がないのは大きな問題ですね。

隈研吾さんは「木」にこだわった設計をすることで有名な建築家であり、新国立競技場でも木が使われています。

そのため、火をつけることができず、聖火台なしとなっています。

新国立競技場の問題点⑤東京オリンピックを世界に伝えるためだけの設計

新国立競技場は東京オリンピック2020を世界に配信するための設計になっており、観戦者に優しくない設計になっていると言われています。

これに関しては、実際に観戦する人よりもメディアを通して観戦する人の方が圧倒的に多いので、仕方ないとの声もあります。

新国立競技場の問題点⑥木漏れ日でサッカー観戦には不向き

新国立競技場は木漏れ日のせいでサッカーの試合が見にくいとの批判もあります。

確かに、木漏れ日は綺麗ですが、サッカー観戦はしにくくなるかもしれません。

新国立競技場の問題点⑦混雑する

新国立競技場は非常に混雑します。

混雑は対策のしようがありませんね。

新国立競技場の問題点⑧屋根がない?雨天が心配

新国立競技場は中心部分に屋根がないので、一列目の人は雨に当たると言われています。

しかし、旧国立競技場に比べると雨天対策はできていると思われます。

新国立競技場の問題点⑨エアコンがない?

新国立競技場にはエアコンがないとの批判もあります。

新国立競技場の問題点⑩災害対策ができてない?

新国立競技場は災害対策ができていないという批判もあります。

新国立競技場使ってみた人の感想・評判