【せともの祭2019】駐車場の穴場5選!混雑・アクセス・交通規制についても

愛知県瀬戸市で開催される「せともの祭」。

高品質の陶器が安く買えることで知られていますが、屋台や花火などのイベントもある楽しいお祭りです。

しかし、人気の祭りであるため混雑し、特設駐車場が満車で駐車できないということも…。

そんな時には、会場周辺の「穴場の駐車場」を押さえておくと便利!

ということで、ここでは「せともの祭」会場周辺のおすすめ駐車場5選を紹介します!

「第88回せともの祭」の日程

  • 日程:2019年9月14日(土)15日(日)
    せともの大廉価市9:00~20:00/15日は19:00まで
    花火:9月14日(土)19:00~19:40
    (瀬戸市東権現町)
  • 会場:愛知県瀬戸市「尾張瀬戸駅」周辺及び瀬戸市内一帯
  • 来場者数:30万人以上(予想)
  • 屋台:詳細はこちら→(リンク準備中)
  • 花火打ち上げ時間:2019年9月14日(土)19:00~19:40
    (花火の場所や穴場スポットなど詳細はこちら↓)
  • オフィシャルサイト:http://www.setocci.or.jp/setomonomatsuri/

せともの祭のアクセス・行き方

「第88回せともの祭り」はメインの「市街地エリア」の他に「青の広場」「瀬戸蔵」「品野エリア」の4つのエリアに分かれています。

「市街地エリア」「青の広場」「瀬戸蔵」は「尾張瀬戸駅」近辺なので、徒歩で回れる距離です。

各エリアのアクセス方法は下記のとおりです。

【市街地エリア・瀬戸蔵・青の広場】

  • 電車でのアクセス:名古屋駅から名古屋市営地下鉄東山線「栄駅」で名鉄瀬戸線に乗換。終点「尾張瀬戸駅」下車、徒歩すぐ。
  • 車でのアクセス:
    ・東海環状自動車道「せと赤津IC」より約10分
    ・東海環状自動車道「せと品野IC」より約15分
    ・名古屋瀬戸道路「長久手IC」(東名高速道路日進JCT経由)より約15分

【品野エリア】

  • バスでのアクセス:「尾張瀬戸駅」より「上品野・しなのバスセンター」行で約10分、「品野火の見下」にて下車、徒歩15分
  • 車でのアクセス:・東海環状自動車道「せと赤津IC」より約11分
    ・東海環状自動車道「せと品野IC」より約8分
    ・名古屋瀬戸道路「長久手IC」(東名高速道路日進JCT経由)より約20分

尾張瀬戸駅から少し離れた、「品野エリア」はバス・車での移動が便利です。

通常は尾張瀬戸駅近くの「パルティせと」北側のロータリーにバス停がありますが、開催期間中のみ「瀬戸橋」の南側にバス停が移転されますので、そちらをご利用ください。

せともの祭 会場周辺の交通規制

「第88回せともの祭」開催期間2日間は会場付近で一部交通規制があります。

【車両通行禁止 9月14日 7:00~20:30/15日8:00~21:00】

  • 瀬戸川北部
  • 瀬戸橋
  • 南橋
  • 窯神通
  • 宮前橋
  • 瀬戸市末広町ナブールの庭周辺

【車両通行禁止 9月14日 7:00~15日21:00】

  • 青の広場北側
  • 瀬戸市元町1丁目2付近~宮前公園北側までの東西

【車両進入禁止 9月14日 6:00~15日21:00】

  • パルティせと駅前広場

以上の区域が車両通行・進入禁止になります。

せともの祭の混雑・渋滞について

「第88回せともの祭」は2日間合わせて約40~50万人もの人が全国より訪れます。

また、購入する品物が瀬戸物と割と重い物になりますので、車で来場する方も多いです。

「瀬戸川両岸」「窯神通」「瀬戸蔵周辺」「パルティせと駅前広場」は歩行者天国になっているため、その周辺道路では渋滞が発生しやすくなっています

駐車場も合計9ヶ所ありますが、午前10時頃には満車になり、空き次第随時入れ替わるという状況です。

瀬戸市内は普段でも道が狭く駐車場が少ない地域です。

駐車場周辺では、入庫待ちの車の渋滞も発生し、駐車場に入るまで1時間以上も掛かる場所もあるので、朝早めの来場がオススメです。

「瀬戸市文化センター」は会場から徒歩10分ですし、空いていない場合も「瀬戸南グラウンド野球場」「水無瀬中学校」があるので安心ですね。

また、会場周辺は歩行者天国ということもあり、人は多いものの身動きが取れない程の混雑ではありません。

昼頃~夕方は「大廉価市」の再値下げが行われる時間帯のため人が多くなります

花火のある14日はその状態が夜まで続きますので、ご注意下さい。

瀬戸物祭りの無料駐車場

「第87回せともの祭り」では特設の無料駐車場が設けてあります。

9ヶ所約2350台分の駐車スペースがありますので、それぞれの台数等を紹介していきます。

ただし、小中学校・グラウンドの駐車場は雨天時駐車不可の場所もありますので、注意下さい

また、近隣の「パルティせと」や「アピタ瀬戸店」は駐車禁止です。

  1. 瀬戸市役所
    ・収容台数約100台
    ・住所:愛知県瀬戸市追分町64番地1
    ・会場まで徒歩25分
    ・地図はこちら
  2. 本山中学校
    ・収容台数:350台
    ・住所:愛知県瀬戸市道泉町76-1
    ・会場まで徒歩10分
    ・地図はこちら
    ※仮設トイレ有
    ※雨天時駐車不可
  3. 窯神グラウンド
    ・収容台数:400台
    ・住所:愛知県瀬戸市東安戸町
    ・会場まで徒歩10分
    ・地図はこちら
    ※仮設トイレ有
  4. 深川小学校
    ・収容台数:250台
    ・住所:愛知県瀬戸市宮脇町53
    ・会場まで徒歩10分
    ・地図はこちら
    ※雨天時駐車不可
  5. 瀬戸市文化センター
    ・収容台数:420台
    ・住所:愛知県瀬戸市西茨町113-3
    ・会場まで徒歩10分
    ・地図はこちら
  6. 瀬戸南公園野球場
    ・収容台数:280台
    ・住所:愛知県瀬戸市西茨町113-44 南公園(都市公園)内
    ・会場まで徒歩10分
    ・地図はこちら
    ※雨天時駐車不可
  7. 水無瀬中学校
    ・収容台数:300台
    ・住所:愛知県瀬戸市原山町1
    ・会場まで徒歩15分
    ・地図はこちら
    ※仮設トイレ有
    ※雨天時駐車不可
  8. 陶原公民館
    ・収容台数:200台
    ・住所:愛知県瀬戸市熊野町98
    ・会場まで徒歩15分
    ・地図はこちら
    ※仮設トイレ有
  9. 瀬戸市商工会議所
    ・収容台数:50台
    ・住所:愛知県瀬戸市見付町38-2
    ・会場まで徒歩30分
    ・地図はこちら

せともの祭 穴場の有料駐車場5選!

無料駐車場はあるものの、午前中には満車になり、空くのを待つ状況になります。

待つのは大変という方に周辺の有料駐車場をご紹介します!

尾張瀬戸駅周辺は交通規制が多いので、車での来場にはパークアンドライドがオススメです。

名鉄協商新瀬戸駅南

  • 収容台数:57台
  • 住所:愛知県瀬戸市東横山町62
  • 営業時間:24時間
  • 料金:入庫より12時間まで600円(通常料金00:00~24:00 60分100円)

「尾張瀬戸駅」の2駅隣「新瀬戸駅」南側にあるこちらの駐車場。駅の北側には軽自動車専用のコインパーキング(名鉄協商 新瀬戸駅前/35台)もあります。

瀬戸市駅前駐車場

  • 収容台数:40台
  • 住所:愛知県瀬戸市東横山町114番地1
  • 営業時間:不明
  • 料金:60分100円、以降30分毎100円

愛知県環状鉄道「瀬戸市駅」前にある、「瀬戸市駅前駐車場」です。徒歩3分で名鉄瀬戸線「新瀬戸駅」までいけますので、こちらもオススメ。

名鉄協商三郷駅北

  • 収容台数:85台
  • 住所:愛知県尾張旭市東栄町2-8-4
  • 営業時間:24時間
  • 料金:入庫後24時間まで500円(通常料金00:00~24:00 30分100円)

「尾張瀬戸駅」まで名鉄瀬戸線で8分の「三郷駅」にある駐車場です。

駅前には飲食店もある他、スーパー銭湯もあるので、買い物帰りに汗を流す…というのもいいですね!

名鉄協商大森4丁目

  • 収容台数:18台
  • 住所:愛知県名古屋市守山区大森4-904
  • 営業時間:24時間
  • 料金:入庫より24時間まで500円(通常料金00:00~24:00 60分100円)

「尾張瀬戸駅」から名鉄瀬戸線急行で13分の「大森・金城学院前駅」徒歩4分のこちらは少し遠く感じますが

高速道路のIC(名古屋第二環状自動車道・大森IC)から2分なので、渋滞を気にせず来場ができます。

名城パーキング新瀬戸

  • 収容台数:17台
  • 住所:愛知県瀬戸市西追分町117
  • 営業時間:24時間
  • 料金:入庫より最大24時間700円、土日祝のみ最大500円

名鉄瀬戸線「瀬戸市役所駅」から徒歩4分のところにあり、「尾張瀬戸駅」まで徒歩約20分ですので、徒歩でも電車でも会場にいけます。

まとめ

「せともの祭」には毎年数十万人もの人々が集まります。

特設駐車場は用意されているものの、満車になることも多く、混雑必至。

絶対に空きがある駐車場に停めたい方や、混雑を避けたい方は、ここで紹介した穴場の駐車場を利用して

ゆったりと「せともの祭」を楽しんでください。

 

※アイキャッチ画像はせともの祭公式より引用