桜を見る会の招待者ブログ・SNS削除まとめ!安倍首相後援会で税金むさぼる

「桜を見る会」に安倍晋三首相の地元・山口県議員の後援者が多数招待され批判を集めています。

桜を見る会に使われる予算・費用推移を見ると年々増加しており「税金の私物化」と問題になっています。

ここでは、桜を見る会2019の招待者や削除されたブログ・SNSの内容をまとめて公開します。

桜を見る会「税金の私物化」ツイッターで批判殺到

内閣総理大臣が主催する「桜を見る会」について、安倍晋三首相の地元・山口県の後援者が多数招待され批判を集めています。

批判を受け「桜を見る会」出席者は参加当日の出来事について書いたブログ記事・SNSを次々と削除。

政府は桜を見る会について

「内閣総理大臣が各界において功績、功労のあった方々を招き、日頃の御苦労を慰労するとともに、親しく懇談する内閣の公的行事として開催しているものであり、意義あるものと考えている」

とする答弁書を閣議決定していますが
明確な基準はなく、出席者のリストはすぐに廃棄していたことから

「税金の私物化」

と問題になっています。

桜を見る会の招待者とブログ削除まとめ

これまで「桜を見る会」に招待された安倍首相の後援者が、次々とブログ記事やSNSを削除しています。

しかし、ネットでは削除したブログの魚拓が残っており、証拠隠蔽も不十分となってしまったようです。

これがツイッターなどで拡散され、さらなる批判の嵐を呼んでいます。

藤井律子(山口県周南市長/元山口県議)

友田たもつ(山口県議)

井戸まさえ

友田保県議

世耕弘成幹事長(自民党参議院)

友田有(山口県議員)

林(世耕)久美子議員