【動画】ペンタトニックス(Pentatonix)のPretender日本語生歌が上手すぎ!(ミュージックフェア)

ペンタトニックスpretender

1月18日に放送された「ミュージックフェア」ではペンタトニックス(Pentatonix)が日本語でofficial髭男dismのPretenderの生歌を披露し「うますぎる!」と話題になっています。

この記事ではペンタトニックスのPretennderの動画をまとめました。

【ミュージックフェア】ペンタトニックス(Pentatonix)のPretenderの動画

1月18日に放送された「ミュージックフェア」ではペンタトニックス(Pentatonix)が出演しました。

ペンタトニックスと言えば2019年にOfficial髭男dismの「Pretender」のカバーを出していました。

そして、今回、「ミュージックフェア」ではPretenderの生歌を披露し感動したと話題になっています。

こちらがその動画です。

Pentatonix(ペンタトニックス)とは


ペンタトニックスとはアメリカの5人組アカペラグループです。

メンバーは以下のようになっています。

  • スコット・ホーイング:ボーカル、リーダー
  • カースティン・マルドナード:ボーカル
  • ミッチ・グラッシ:ボーカル
  • ケヴィン・オルソラ:ビートボクサー
  • マット・サリー:ベース

高校時代にスコット、ミッチ、カースティの三人で始めたアカペラグループでしたが、レディガガの「テレフォン」のカバー曲をYouTubeにアップすると30万回の再生回数を記録し有名になりました。

その後、2014年以降はラゾーナ川崎など日本への来日も増えています。