任天堂の宮本茂が文化功労者を受賞!海外の反応まとめ

『スーパーマリオシリーズ』『ゼルダの伝説シリーズ』『ドンキーコングシリーズ』など数々の名作を手がけた任天堂の宮本茂さんが文化功労者を受賞しました。

海外でも人気を誇るゲームを生み出した宮本茂さんの受賞。

海外の反応をまとめてみました!

宮本茂が文化功労者受賞!海外の反応まとめ

翻訳:偉大で影響力のある漫画家、萩尾望都(「11番目の乗客は誰ですか?」)と偉大な宮本茂(マリオブラザーズとゼルダの伝説の創造者)は、今週火曜日に文化的功労者としての認識と賞を受賞。日本政府より

翻訳:マリオのクリエイターである宮本茂は、スーパーマリオブラザーズの最初のゲームが完成した直後からマリオに恐竜に乗ってほしかったのですが、技術的な制限のために6年かかりました。

翻訳:宮本茂が日本文化功労者に認定される。それに応えて、彼は「ゲームのジャンルに光が当てられていることに感謝している」と語った。彼の同僚を忘れないでください「これはあなたが自分で何もできない仕事です。」

翻訳:フランスやイギリスに比べて少し曖昧な#宮本茂(および他の19人の受賞者)は、ついに日本への文化的貢献のメダルを受け取りました。主要な日本のメディアの価格と選択。

翻訳:「宮本茂が文化功労者に選ばれました。おめでとうございます!これはゲーム業界からの最初の選択ですよね?ゲーム業界から選択が行われるようになったことが本当にうれしいです。」

翻訳:宮本茂は素晴らしい、素晴らしい、素晴らしい人間です^ _ ^

 

※翻訳はGoogle翻訳より引用