名古屋の小学校でいじめ!20万恐喝の小学校はどこ?特定が爆サイ・5ちゃんに?

  • 2019年12月2日
  • 2019年12月4日
  • 社会

愛知県名古屋市の小学校で、小学5年生の児童が6人の同級生から現金を要求され20万を持ち出すといういじめが怒っていたことが判明しました。

この記事では、名古屋市で起きた20万円要求のいじめ事件について小学校はどこ?と特定活動が起こっている現状についてまとめました。

名古屋市の小学校でいじめ 現金20万円を持ち出す


愛知県名古屋市の小学校でいじめがあったことが判明しました。

報道によりますと、名古屋市の小学校で小学5年生の児童が同級生6人から現金を要求され、被害児童が自宅から持ち出していたとのことです。

金額にして10万円から20万円と報じられています。

いじめを受けた生徒は自宅の母親の貯金箱から現金を持ち出したとのことです。

今年8月から始まったいじめですが、10月に被害児童の母親が貯金箱からお金がなくなっていることに気づき学校に連絡したことでいじめが発覚したとのことでした。

いじめの回数についてですが、このように被害児童がお金を持ち出した回数は十数回あったことが報告されています。

ということは少なくとも十数回はいじめがあったことが分かります。

また、加害者児童は現金の要求について「お金を持ってこないと一緒に遊ばない」と言っていたとのことです。

この発言から、普段から学校で被害者児童はこの同級生ら6人によっていじめられていたことがわかります。

児童が持ち出したお金の用途についてですが、被害者児童と加害者児童は商業施設のゲームコーナーやフードコートでの食事に使用したことが報じられています。

小学生にとって10万円、20万円というのは極めて大きな金額です。

そのようなお金を要求するといういじめは非常に卑劣で、また遊ぶ際に被害児童に支払わせていたということですから、奪ったことにはなりません。

この辺りも加害者児童は非常に卑怯な手口を使ったことになります。

教育委員会も批判されています。

名古屋市の20万円いじめ小学校はどこ?バクサイで特定か

名古屋市の小学校で起きたいじめ問題。

被害者児童は20万円の大金を持ち出して同級生に渡していたとされています。

このような卑劣ないじめの現状からネット上では20万円要求のいじめが起きた小学校はどこ?

と特定活動が始まっています。

ここでは、いじめが起きた小学校の特定についてまとめました。

以上のように20万円恐喝のいじめが起きた小学校の特定の声が広まっています。

また、ネットで検索してみても特定の動きは多く見られます。

名古屋小学校いじめ特定名古屋市で起きた20万円かつあげいじめ問題。特定の記事が続出。

こちらはGoogleでの検索結果ですが、多くの記事がいじめがあった小学校について特定の記事を出しています。

中には名古屋市の南部の小学校であると書いている記事もありました。

しかし、これらは現時点では憶測にすぎません。

情報の取扱には注意しましょう。

20万円かつあげの犯人 いじめ加害者6人についても特定?

名古屋市の小学校で起きた20万円のかつあげのいじめ。

その卑劣な手口から被害者についても批判のコメントが多く見られました。

今回の名古屋市20万円恐喝いじめ問題ですが、加害者児童は6人と報じられています。

これに対して、ネット上では小学校の特定だけではなく、いじめの加害者についても特定の動きが見られます。

ここでは、いじめ加害者の特定の動きについてまとめました。

例えば、こちらの記事では名古屋市の小学校で起きたいじめの加害者について名前まで特定する動きが出ています。

名古屋小学校いじめ加害者特定名古屋市の小学校で起きた20万円恐喝いじめ問題。加害者の名前まで特定しようとするトレンドブログ 。

しかし、加害者の名前であっても法的には個人情報になります。

情報の取扱には注意しましょう。

ネットの反応

関連記事

名古屋の小学校で起きたいじめ問題。 小学5年生の児童が同級生ら6人から現金を恐喝し、児童が総額20万円を持ち出したという卑劣な問題です。 この名古屋恐喝小学校いじめ問題ですが、ネット上では学校名が南区の富士見台小学校であるという[…]