諸田洋之の家族や息子は?住所は?嫁と株式会社来夢の彩色堂と満点インクを共同経営?

マスク大量出品や楽天抱き合わせで問題になっている諸田洋之静岡県議。

ネット上では諸田洋之のマスク転売によって諸田洋之の家族は?と話題になっていました。

諸田洋之には息子が3人と嫁が1人いることがわかっています。

また、諸田洋之は株式会社来夢やインク会社「彩色堂」と「満点インク」を経営していることが明らかになりました。

この記事では、諸田洋之の子供や嫁などの家族についてや、住所、経営する会社についてまとめました。

諸田洋之の家族や住所は?嫁と息子は3人!


マスク大量出品によって一気に注目が寄せられている諸田洋之静岡県議。

ネット上では諸田洋之の嫁や息子は誰?と話題になっていました。

ここでは諸田洋之の家族や自宅住所について調べてみました。

諸田洋之の公式サイトには次のように、嫁と息子3人とうさぎがいることが書かれていました。

諸田洋之 家族画像引用元:諸田洋之公式HP

ネット上では諸田洋之の家族写真もありました。

こちらが、諸田洋之が嫁、子供3人と写っている家族写真です。

諸田洋之 家族画像引用元:https://risazoo.com/morotahiroyuki/  モザイク処理は当サイト

諸田洋之と嫁の結婚記念日は10月26日だそうです。

諸田洋之 嫁

諸田洋之の息子さんはサッカーをやっていたそうで、ブログやツイッターなどでは息子のサッカー成長期がよく綴られていました。

また、長男は静岡聖光学院高校に通っていたそうで、2017年に卒業されたそうです。

諸田洋之 息子画像引用元:https://risazoo.com/morotahiroyuki/

なので、諸田洋之の息子の長男は現在21歳とのことでした。

息子が大学に通っているかどうかは不明ですが、通っていたとすると現在、大学2~3年生と思われます。

また、諸田洋之の次男は全国高校サッカー選手権で優勝した静岡学園高校の背番号70番の諸田拳だそうです。

現在、医学部に入るために猛勉強中とのことでした。

諸田拳画像引用元:https://the-ans.jp/bukatsu/100934/

また、諸田洋之の三男は2015年3月で小学校を卒業されていることから、現在、17歳でしょうか。

諸田洋之は三男の小学校の卒業式の写真をアップしていたようです。

諸田洋之 息子画像引用元:https://risazoo.com/morotahiroyuki/

おそらく、現在、諸田洋之の三男は高校生かと思われます。

また、諸田洋之の自宅住所についてですが、こちらは不明で静岡県焼津市ということだけ分かっています。

諸田洋之は嫁と会社経営?株式会社来夢・彩色堂・満点インクとは?


今回、諸田洋之はマスクの大量出品によって非難の声が続出しました。

諸田洋之は過去にSARSが流行った時に貿易会社から仕入れた在庫であると主張し転売ではないと述べました。

しかし、諸田洋之は自身が会社が運営するインク店でインクセットと抱き合わせでマスクを売っていたとしてこれまた炎上しています。

ここでは諸田洋之の会社について見ていきましょう。

まず、諸田洋之の会社について調べてみたところ、株式会社来夢と言う会社を経営していることが判明しました。

株式会社 来夢 諸田洋之

また、諸田洋之の会社である株式会社来夢は「彩色堂」と「満点インク」という店を営んでいます。

こちらは実店舗がないのでネットショップだと思われます。

また、「彩色堂」「満点インク」のどちらも店舗運営責任者が「諸田久乃」となっています。

諸田洋之 会社彩色堂の運営責任者

諸田洋之 会社満点インクの運営責任者

ネットではこの「諸田久乃」と言う言う人物が諸田洋之の妻であると言われていましたが、真偽は不明です。

ただ、諸田久乃と同姓同名のtwitterアカウントがあり、唯一、諸田洋之のみをフォローしていることから、諸田洋之と何からの関係がある人物には間違い無いでしょう。

諸田久乃 twitter

今回、諸田洋之は自身が経営する会社「株式会社来夢」のネットショップである彩色堂と満点インクでマスク抱き合わせ販売を行いました。

これによって、ネットでは諸田洋之は妻と一緒に抱き合わせで儲けたとして炎上しました。

諸田洋之 抱き合わせ

諸田洋之 抱き合わせ

諸田洋之 抱き合わせ

父親である諸田洋之が息子の顔画像をネットに後悔しているのですから、もう少し慎んだ振る舞いが必要なのでは?との声もみられました。

関連記事

静岡県議の諸田洋之議員がヤフオクでマスクを大量出品し総額888万円以上の売り上げを出していたことが明らかになりました。 諸田洋之県議はマスクは転売ではないと主張していますが、世間では批判が殺到しています。 この記事では、諸田洋之[…]

諸田洋之 ヤフオク