宮下隼人(東洋大学)は双子?出身中学・高校はどこ?twitterとインスタなどSNSについても!

宮下隼人

1月2日から始まった第96回東京箱根間往復大学駅伝では、東洋大学の宮下隼人選手(2年)が山登り5区の区間賞を獲得しました。

この記事では宮下隼人さんの双子の兄弟について、中学・高校やtwitterやインスタグラムなどのSNSについてもまとめました。

【箱根駅伝5区】東洋大学陸上部2年・宮下隼人が区間賞獲得


1月2日に始まった第96回東京箱根間往復大学駅伝。

今年も区間新記録が続々と出ましたが、山登りの5区では東洋大学2年生の宮下隼人選手が1時間10分25秒の区間新記録をマークし区間賞を獲得しました。

5区では2018年に国学院大学の浦野雄平選手が1時間10分54秒が最高記録とされていましたが、宮下隼人選手はそれを約30秒も上回り「山の神か?」と言われています。

今回の区間新記録に関して宮下隼人選手は次のようにコメントしました。

「タイム的には71分フラットを狙っていたので、70分20秒台の区間新が出て良かったです。1つでも前の順位を目指し1人ずつ抜いていくことができました」

スポニチ

狙っていたタイムを上回る結果に笑顔を見せました。

宮下隼人のプロフィール|双子の兄弟がいる?


今回、箱根駅伝5区で区間賞を獲得した宮下隼人選手ですが、ネット上では「双子の兄弟がいる?」と話題になっています。

ここでは、宮下隼人選手のプロフィールについてまとめました。

名前 宮下隼人
年齢 20歳
生年月日(誕生日) 1999年10月15日
出身地 山梨県富士吉田市
身長 174cm
体重 58kg
血液型 AB型

以上が宮下隼人選手のプロフィールになります。

宮下隼人選手の記録については以下です。

  • 5000m:14分25秒96
  • 10000m:29分20秒74
  • ハーフマラソン: 1時04秒59分

宮下隼人選手の今年の目標は「区間賞を取って総合優勝に貢献する」ことだったそうです。

今回は目標通り区間賞を獲得していますので早くも目標達成ですね。

また、ネット上では宮下隼人選手には双子の兄弟がいる?という疑問が見られました。

そこで、調べてみましたが、宮下隼人選手の兄弟の情報は全くありませんでした。

また、双子であるという情報も見つかりません。

もしかしたら、似ている方がいたとか同性の方がいたのかもしれません。

宮下隼人の出身中学・高校は?


宮下隼人選手は現在、東洋大学2年生ですが、出身中学・高校はどこなのでしょうか?

ここでは、宮下隼人選手の出身中学と高校についてまとめました。

まず、宮下隼人選手の中学についてですが、調べてみたところ宮下隼人選手は山梨県富士吉田市出身ということで出身中学は富士吉田市立明見中学校と言われています。

しかし、ネット上には宮下隼人選手が明見中学校出身であるという情報はありませんので確証はありません。

そして、宮下隼人の出身高校は山梨県立富士河口湖高校ということが分かりました。

山梨県立富士河口湖高校の陸上部のブログでは度々、宮下隼人選手について触れられています。

宮下隼人高校

宮下隼人高校

宮下隼人高校引用:河高【部ログ】より

今回、宮下隼人選手が区間賞を獲得されて顧問の先生も喜んでいることと思われます。

宮下隼人のtwitter・インスタグラムなどSNSは?

また、ネット上では宮下隼人選手のtwitterやインスタグラムなどのSNSは?と話題になっていました。

ここでは、宮下隼人選手のSNSについて調べてみました。

まず、宮下隼人選手のtwitterに関してですが、アカウントは見つかりませんでした。

また、宮下隼人選手のInstagramについてもアカウントは見つかっていません。

しかし、東洋大学陸上部のインスタグラムのアカウントはありました。

宮下隼人選手の活躍はこちらで確認できると思われます。