三宅雪子の死亡理由は元支援者とのトラブル?精神病・裁判・ツイッター奇行など問題まとめ

  • 2020年1月6日
  • 2020年1月6日
  • 政治

三宅雪子が海岸で入水自殺が不自然?

他殺で事件の可能性は?

三宅雪子の精神病、ストーカー、安倍晋三、元支援者の名誉毀損や裁判、奇行問題など死亡に至るまでの経緯まとめ!

三宅雪子が死亡した理由は自殺?他殺の事件?

三宅雪子元衆院議員が1月2日、東京都内の海岸で遺体で発見されました。

警視庁東京湾岸署は、自殺を図ったとみて調べているとのことですが、入水自殺ということで他殺事件の可能性もツイッターで囁かれています。

三宅雪子が死亡に至るまでの経緯

三宅雪子が議員と揉み合い

2010年5月12日、衆議院内閣委員会で採決が行われようとする中、三宅雪子が与野党議員のもみあいとなり、委員長席付近で転倒するという問題がおきました。

この転倒について、民主党は甘利明に突き飛ばされたことが原因であるとして、甘利に謝罪を求めましたが

自由民主党の馳浩は、三宅が「自分で転んだ」と国会のエレベーター内で発言していたと主張していました。

三宅雪子は鬱病など精神疾患だった?

2011年6月2日の内閣不信任決議案の採決を棄権したことで三宅雪子は民主党内での処分対象となったものの

同月13日の党役員会で医師の診断書の提出を理由に処分見送りとなりました。

三宅雪子が医師の診断書を提出したということや、奇行やツイッター上での発言問題もあり、うつ病など精神病だった可能性があると言われています。

三宅雪子がストーカー摘発で元支援者と裁判に

2015年〜2018年、三宅雪子は自分がストーカー行為を受けていることをHPやTwitterで発信しました。

これに対し、複数の元支持者が名誉毀損罪で刑事告訴。

三宅雪子は2回の起訴猶予処分を受けました。

また、三宅雪子は元支持者の勤務先への嫌がらせ行為により民事裁判を提起されましたが、和解し謝罪文をツイートで公開。

一方で、三宅雪子は自らも元支持者5名のツイッターアカウントを明示し、そのアカウントらを刑事告訴したと公表しました。

しかし、2017年5月に三宅雪子の被害者らが刑事告訴の有無を弁護士を通して高輪警察署に確認したところ、その事実はありませんでした。

三宅雪子と秘書の被害者が明かす奇行と名誉毀損

関連記事

元衆議院議員の三宅雪子さんが東京都内の海岸で遺体で発見されました。 発見されたのは1月2日であり、自殺の可能性が高いと見られています。 また、報道が遅い理由や「天才夢来山@来夢ちゃん」が死亡を知っていた?とも話題です。 こ[…]

三宅雪子