槇原敬之と奥村秀一の交友関係とは?薬物入手ルートや愛人交際からSMパートナーも

  • 2020年2月14日
  • 2020年2月16日
  • 芸能

覚醒剤所持の疑いで逮捕された歌手の槇原敬之(マッキー)ですが、1999年には覚醒剤所持で奥村秀一と共に逮捕されています。

また、槇原敬之と奥村秀一はパートナー関係にあり同棲していたことが当時の報道により明らかになっており、さらに奥村秀一はゲイバーで金太郎という源氏名で働いていたそうです。

東スポの報道によれば槇原敬之は大量のSMグッズを所持していたことから、SMプレーをした相手は奥村秀一ではないかとの説が出ています。

この記事では、槇原敬之と奥村秀一の関係について、奥村秀一の過去についてもまとめました。

槇原敬之と奥村秀一の薬物逮捕の過去


覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕された歌手の槇原敬之ですが、1999年にも覚醒剤所持で逮捕されていたことは結構有名ですよね。

槇原敬之

この時、同時に薬物所持で槇原敬之と共に逮捕されていた人物に奥村秀一がいました。

奥村秀一と槇原敬之は10年来の友人ということで2人で覚醒剤を使用していたことが明らかになりました。

この奥村秀一という人物がどうやら槇原敬之の薬物入手ルートとなっているようで、槇原敬之が覚醒剤で逮捕された後の同年9月にMDMA所持の疑いで逮捕された時には奥村秀一の知人から薬物を入手していることが明らかになりました。

また、奥村秀一は2006年に槇原敬之の個人事務所の代表取締役に就任していましたが、2018年3月21日に解雇されています。

その後、奥村秀一は6月に再び覚せい剤取締法違反で逮捕されました。

奥村秀一覚醒剤

奥村秀一覚醒剤

使用したのは2018年3月と槇原敬之の個人事務所を解雇された時期と重なります。

しかし、この時、槇原敬之の個人事務所は奥村秀一の薬物使用について「知らなかった」と述べたほか、解雇と薬物使用は関係がないと主張しました。

今回の槇原敬之の覚醒剤使用はおととし、つまり2018年の容疑ということが報道により明らかになっています。

実際は、奥村秀一と槇原敬之が2人で覚醒剤を使用していたのではないか?という声も見られました。

槇原敬之のSMパートナーは奥村秀一だった?東スポがリーク

今回、覚醒剤使用で逮捕された歌手の槇原敬之ですが、1月21日の東スポの記事ですでにミリオンベテラン歌手Xが薬物使用で内偵済みと報じていました。

東スポベテラン歌手

また、この東スポの記事ではミリオン歌手Xの自宅から”仰天のモノ”としてSMグッズが見つかったことが明らかにされました。

 実は、そんな情報を捜査当局もつかんでいるという。事情通がこう耳打ちする。

「内偵捜査が始まっています。このXの親友も覚醒剤で逮捕されていて、確実に包囲網は狭まっている。すでに、Xが出したゴミの中から使用の証拠となるようなものを押収しているそうです」

ところが、その際“想定外のモノ”まで出てきたというから穏やかではない。

SMグッズです(笑い)。拘束具とか、ムチとか、三角木馬の一部とか。さすがに捜査関係者も言葉に詰まったらしい。Xは、パートナーとバキバキにキメながらSMプレーをしていたのかもしれません。逮捕、起訴された暁には、Xの性癖もあらわになる衝撃的な公判が待っているかも。そうなれば、沢尻どころじゃありませんよ」(同)

東スポ

このミリオン歌手Xは今となれば槇原敬之だったということが分かります。

また、この東スポの記事によれば槇原敬之のゴミの中からSMグッズが見つかったとのことでした。

ゲイSMグッズ※画像はイメージです。槇原敬之とは関係がありません。

当時、このSMグッズは女性と使用しているものと思われましたが、槇原敬之は今回、覚醒剤の他に危険ドラッグRUSHを使用していたことも明らかになっています。

このRUSHという薬物は肛門を緩める効果があり、ラブドラッグと呼ばれ愛好者が多く存在します。

つまり、男同士の性行為に使用される薬物です。

槇原敬之は1999年に覚醒剤逮捕後、奥村秀一との関係を一切断つと公表していましたが、2000年には同棲を開始したそうです。

また、槇原敬之は奥村秀一をパートナーと表現しており、愛人関係も噂されました。

今回の東スポがSMグッズは槇原敬之と奥村秀一のゲイ性行為に使用されたものではないかと言われています。