京都市内コロナウイルス感染者留学生の病院や大学はどこ?京大・京都産業大・京都外国語大など予想も

  • 2020年1月31日
  • 2020年1月31日
  • 暮らし

中国武漢市より感染が広まり、日本でも関西を中心に感染者が徐々に出ている新型コロナウイルスですが、京都市内でも武漢渡航歴のある20代中国人留学生が感染したことが明らかになりました。

留学生ということでネットでは女性の病院は大学はどこなのか?京大?京都外国語大学?と情報がなく予想が飛び交っています。

この記事では新型コロナウイルスに感染した中国人留学生の入院先病院や大学はどこなのか、行動歴や感染ルートについてもまとめました。

京都市内の中国人留学生が新型コロナウイルスに感染


京都府で新型コロナウイルス感染が確認されたのは20代の中国人女性です。

以下に感染者の女性のプロフィールをまとめました。

▼京都府コロナウイルス感染者女性のプロフィール▼

■年齢:20代

■国籍:中国

■住所:京都市内

■職業:大学生

次に、感染者留学生の行動歴については以下です。

▼京都府コロナウイルス感染者女性の行動歴▼

■1月16日-22日:武漢市に滞在

■1月17日-18日:咳症状のある人間と接触

■1月22日:午後に入国(この時点では症状はなかった)

■1月23日:咳を発症(自宅で静養)

■1月28日:夜に発熱、京都府内の病院を受診

■1月30日:発熱(37.2℃~37.5℃)

以上が女性の行動歴・発症歴になります。

女性は1月23日以降は他者との接触を避けて自宅にて静養していたとのことで、コンビニと自宅しか行っていないそうです。

女性は感染を拡げないように努めていたとのことでした。

新型コロナウイルス感染の中国人留学生の入院先病院はどこで特定?


京都府で確認された新型コロナウイルス感染者ですが、ネット上では中国人留学生の入院先病院はどこ?と話題になっています。

現在、京都府で第一種感染症指定医療機関に定められているのは「京都府立医科大学附属病院」となっております。

この他にもネット上では京大病院との情報もありました。

現状、twitterでの地元民はこの2つの病院を有力視しています。

コロナウイルス感染の中国人留学生の大学はどこ?京大や京都外国語大など予想も


また、今回、京都府内でコロナウイルスに感染したのは留学生とのことでした。

そこで、世間ではどこの大学の留学生?と疑問の声が上がっていました。

現在、大学はテスト期間中で多くの学生が大学に通っています。

この状況で感染者が出ると非常に多くの学生の感染が予想されます。

ネット上では、この留学生は京都大学の学生ではないかとの説が出ているようです。

他にも京都外国語大学の留学生ではないかとの噂も出ていました。

女性の住所は京都市内とのことでした。

したがって、留学生の女性は京都市内の大学に通われていると思われます。

京都では多くの大学が中国の大学と交流提携を結んでいます。

・京都大学
・京都産業大学
・京都府立大学
・京都外国語大学
・京都女子大学
・京都教育大学など

外国語大学や有名大学だけでなく多くの中国人留学生が京都の大学で学んでいますので大学特定は困難かと思われます。

この留学生は感染を疑ってから一度だけコンビニに行ったそうです。

自宅を出たのはこの一回きりでしかもマスクを二重にしていたとのこと。

周りへの配慮がしっかりしており感心の声が上がっていました。