熊谷駅ホーム下遺体の名前は井田祐也?顔画像やtwitterは?topazソロバンドマンと判明

  • 2020年2月15日
  • 2020年2月20日
  • 社会

2月14日、JR熊谷駅の高崎線のホーム下から男性の遺体が発見されました。

防犯カメラの映像によると、男性は2月11日にホームから線路に転落し貨物列車にはねられたとのことでした。

最新の情報によりますと、男性は12日に行方不明届が出されていたさいたま市のソロバンドマンtopazである井田祐也さん(33)ということが判明しました。

この記事では、熊谷駅ホーム下遺体人身事故の概要と、男性の名前である井田祐也さんについて、顔画像やtwitter、行方不明などの経緯についてまとめました。

JR熊谷駅ホーム下から遺体が発見。人身事故に気づかなかった理由は?


2月14日、JR熊谷駅のホーム下から男性の遺体が発見されました。

報道によりますと、男性は死亡してから3日経っているということで、3日間放置されていたとのことです。

男性は2月11日にホームに転落し、這い上がろうとした様子が防犯カメラに映っていたと報じられています。

男性は、その直後に貨物列車にはねられ死亡したとのことでした。

一体、なぜ貨物列車の運転手はこの人身事故に気づかなかったのでしょうか?

ネット上では、男性が3日間も放置されていたことや、事故に気づかなかったことに対して批判の声が見られました。

貨物列車の運転手によりますと、貨物列車は異音のために急停車したそうですが、点検の結果、異常が見られず運転を再開したとのことでした。

つまり、運転手は男性をはねたことには気づかず、また男性の遺体も見つからなかったとのことでした。

ホーム下の避難場から男性が見つかったとのことから、見えにくい場所に遺体が飛ばされたのかもしれません。

熊谷駅の遺体男性の名前は井田祐也?行方不明中のバンドマンだった


今回、JR熊谷駅のホーム下から男性の遺体が発見された人身事故ですが、報道によりますと2月12日に男性の両親が行方不明届を出していたとのことでした。

男性は行方不明届が出されていたにも関わらず3日も放置されたことになりますが、一体、どうしてもっと早く見つからなかったのでしょうか。

調べてみたところ、両親の迅速な行方不明届けによって、県警や駅員はすぐに捜査に取り掛かったそうです。

しかし、防犯カメラの映像から男性は熊谷駅上りホームに向かっており、県警は帰宅途中だったと推測しホーム下までは調べなかったとのことでした。

県警熊谷署は「必要な調査はしたと考えている」と述べていました。

また、男性は埼玉県で活動するソロバンドマンtopazと判明しました。

他のバンド仲間も男性の行方不明についてtwitterで情報を募っていたことが明らかになりました。

ネットでは、熊谷駅ホーム下で見つかった遺体の男性の名前は?と疑問の声が上がっていましたが、バンドメンバーの情報から、男性の名前は井田祐也さんと分かりました。

メンバーによれば、井田祐也さんは2月12日の夜勤後に行方が分からなくなったとのことでした。

報道では井田祐也さんの職業はアルバイトと報じられており、事故当日は音楽鑑賞後に午前4時頃まで友人と飲酒をし1人で帰宅していたとのことでした。

モルタルレコード井田祐也の顔画像・プロフィール・twitter


今回、熊谷駅ホーム下で遺体として発見された井田祐也さん。

バンドのメンバーは失踪前の井田祐也さんの顔画像を公開していました。

写真やメンバーのメッセージから、井田祐也さんは皆に愛されていたことが分かります。

バンド仲間のtwitterフォローワーは1万5千人以上と非常に人気のあるバンドであることが分かります。

また、井田祐也さん自身のtwitterアカウント(@Yuya_Ida0810)も見つかっています。

井田祐也twitter

井田祐也さんはギターボーカルとして活動していたそうです。

こちらが井田祐也さんのバンド動画です。

歌もとても上手であることがこちらの弾き語りの映像から分かります。

心よりお悔やみ申し上げます。

▼井田祐也の経歴プロフィール▼

■名前:井田祐也(読み方:いだ ゆうや)

■年齢:33歳

■生年月日:1986年8月10日

■出身地:埼玉県

■職業:アルバイト、topaz(ギターボーカル)