神奈川県コロナウイルス国内初死亡者80代女性の病院はどこ?誰で名前は?

  • 2020年2月13日
  • 2020年2月13日
  • 暮らし

日本でも感染者が続出している新型コロナウイルス(新型肺炎)ですが、神奈川県で日本国内初の死亡者が出たとのことで大きく取り上げられています。

報道によりますと、死亡したのは神奈川県の80代女性とのことでした。

また、死亡した女性は東京で新型コロナウイルスに感染したタクシー運転手の義理の母だったことが明らかになりました。

この記事では、神奈川県コロナウイルス国内初の死亡者である80代女性は誰か、病院はどこかについてまとめました。

神奈川県コロナウイルス感染者の80代女性が日本初の死亡者に

日本でも感染が広がっている新型コロナウイルスですが、神奈川県で日本国内初の死亡者が出たことが明らかになりました。

死亡したのは神奈川県の80代女性とのことでした。

死亡した女性が感染者として判明したのは死亡後だったとのことでした。

つまり、明確に診断されてなかったことになります。

報道や厚労省のサイトでは、これまで感染者の行動歴などについて公開してきました。

これによってある程度の感染者の把握や危機管理ができましたが、今回の場合、女性が亡くなられているので行動歴などを特定できない状況となっています。

非常に危機的な状況となっています。

神奈川県コロナウイルス死亡者80代女性の病院はどこ?


日本国内初の新型コロナウイルス感染者死亡ということで日本中を震撼させている新型肺炎。

ネット上では、神奈川県の死亡した80代女性の病院はどこ?と話題になっていました。

ここでは、亡くなられた神奈川県の女性の病院についてまとめました。

新型コロナウイルスなどに感染した場合、感染症指定医療機関などを受診するのが通例です。

神奈川県では横浜市立市民病院が第一種感染症指定医療機関として指定されていました。

しかし、報道によりますと、この死亡した神奈川県の80代女性は新型コロナウイルスと診断されておらず、近所の医療機関の病院を受診していたそうです。

また、女性は入院していたそうですが、入院するまでに10日かかっていたそうです。

この10日の間に家族など周りの人間への感染の可能性が報道で指摘されていました。

▼80代女性の症状歴▼

■1月22日:倦怠感が続く
■2月1日:肺炎と診断され入院
■2月6日:呼吸状態が悪化し転院
■2月12日:新型コロナウイルス検査
■2月13日:死亡

女性は2月6日に転院しています。

つまり、少なくとも2つの病院にかかっていたことになります。

現在のところ、女性が何市に住んでいたのかの情報は全くありませんでした。

多くの感染の危機がある中、せめて何市なのか、病院名を公開すべきではないでしょうか。

神奈川県コロナウイルス死亡者は誰?東京タクシー運転手感染者の義理の母と判明

国内初の死亡者が確認された新型コロナウイルスですが、死亡者である神奈川県80代女性は東京都で感染が確認されたタクシー運転手の義理の母だったことが明らかになりました。

報道によりますと、現在のところ女性とタクシー運転手の接触状況は不明とのことでした。