小泉進次郎、今度はゲシュタルト崩壊構文を披露「反省の反省を反省が反省し…」

小泉進次郎がゲシュタルト崩壊構文を披露し謝罪拒否したことが話題になっています。

ここでは、小泉進次郎が謝罪拒否に至った経緯や、新しい小泉進次郎構文「反省」についてまとめています。

小泉進次郎がゲシュタルト崩壊構文を披露し謝罪拒否

小泉進次郎がゲシュタルト崩壊構文を披露し話題になっています。

小泉進次郎環境相は16日の新型コロナウイルス感染症対策本部の会合を欠席し、地元で後援会の新年会に出席していました。

この問題を受け、2月20日の衆院予算委員会で、立憲民主党の本多平直が国民に謝罪するよう小泉進次郎に要求しました。

これに対し、小泉進次郎は「小泉進次郎構文」で謝罪拒否。

「反省しているんです。ただ、これは私の問題だと思うが、反省をしていると言いながら、反省をしている色が見えない。というご指摘は、私自身の問題だと反省をしている」

などと小泉進次郎構文を駆使して「反省」という言葉を20回も使い、「謝罪」の言葉は一切述べなかったといいます。