木下博勝のライン(LINE)画像!不倫相手は沖縄の愛人エリ!【フライデー】

病院でのパワハラが問題になっている木下博勝医師ですが、妻・ジャガー横田さんに対してモラハラを行なっていたことが週刊文春によって判明しました。

それに伴って、フライデーが過去に報じた木下博勝医師と沖縄の不倫相手エリの顔画像やライン(LINE)画像が掘り返され話題になっています。

この記事では木下博勝医師の過去の不倫について、ライン画像についてまとめました。

木下博勝の沖縄不倫|フライデーが愛人の画像公開


現在、病院でのパワハラ行為が判明し問題になっている木下博勝医師ですが、過去にはフライデーによって沖縄での不倫が暴露されています。

フライデーの記事によりますと、木下博勝医師は2014年の時点で沖縄に愛人がいたとのことでした。

2004年に現在の妻であるジャガー横田さんと結婚。

その後、2006年に息子の木下大維志君が生まれました。

恐妻家として知られる木下博勝医師でしたが、実際は沖縄に愛人がいたということで当時は衝撃が走りました。

こちらがフライデーが公開した木下博勝医師と不倫相手・エリさんとの画像です。

木下博勝不倫フライデー画像木下博勝医師と沖縄県の不倫相手・エリの顔画像

木下博勝医師は東京から沖縄県にあるクリニックに通っているとのことでした。

木下博勝医師と愛人・エリさんはそのクリニックで2013年9月に知り合ったそうです。

フライデーによれば、エリさんはシングルマザーということで息子がいらっしゃいました。

後述するエリさんの口座に「ABCクリニック」と記載されていることから、木下博勝医師が通っていたのは「ABCクリニック」と予想されます。

調べてみたところ、2015年4月には閉店していました。

その後の2人の馴れ初めについてですが、エリさんが知人の紹介で行った店に木下博勝医師がいたとのことで、ここで正式に2人は出会ったとのこと。

最終的には木下博勝医師がエリさんの働くラウンジに通って交際がスタートしたそうです。

ジャガー横田さんはもともと不妊でした。

そのため不妊治療をしてやっと息子さんを産みました。

その苦労はテレビでも放送されていましたので、より木下博勝医師は非難されるようになりました。

また、木下博勝医師はエリさんに対して男の子を産んでほしいとせがんでいたそうで、毎月20万円をエリさんの講座に振り込んでいたそうです。

フライデーでは証拠としてエリさんの口座の画像が公開されました。

木下博勝不倫フライデーが公開したエリさんの口座。木下博勝医師から毎月20万円が振り込まれていた。

木下博勝医師は、男の子を産んで医者にしたいという希望を打ち明けていました。

木下博勝の不倫ライン(LINE)画像まとめ!


そんな、木下博勝医師とエリさんの沖縄不倫ですが、フライデーはこの2人の不倫の様子が収められたライン(LINE)のスクショ画像を公開しました。

ここでは、木下博勝医師がエリさんに送ったライン(LINE)の画像をまとめました。

木下博勝ライン

どうやら、日常的に連絡を取り合っていたそうです。

また、木下博勝医師は不倫相手のエリさんに頻繁に自分のことが好きかどうか聞いています。

木下博勝医師の方が相当惚れ込んでいたようです。

木下博勝ライン

自分が一番であってほしいとせがむ木下博勝医師。

木下博勝ライン

木下博勝医師はエリさんに指輪をプレゼントしたことが以下のライン画像によってわかりました。

薬指につけてほしいと言っています。

木下博勝ライン

エリさんが「生理きました。残念」と言っています。

木下博勝ライン

おそらく、子供を置いて2人になりたかったのでしょうか。

2人で会おうとエリさんに木下博勝医師が言っています。

木下博勝ライン

ドタキャンされたことに相当怒っている木下博勝医師。

しかし、不倫相手・エリさんは会いたくないときっぱり言っていました。

木下博勝ライン

相当、生々しいラインですが、このLINE画像から木下博勝医師の不倫の様子がよくわかりました。

木下博勝氏 妻・ジャガー横田へのモラハラも発覚|恐妻キャラは嘘


過去に不倫をしていた木下博勝氏ですが、2019年には以前に勤務していた「颯心会」でのパワハラ行為が「週刊文春」によって明らかにされました。

そして、それに続いて、木下博勝氏は妻のジャガー横田さんにもモラハラを行なっていたことが文春の続報で明らかになりました。

『ジャガー横田氏に「お前はなにもわからないんだから黙っとけ!」』

「木下先生と仕事について話そうと食事をすることになったのですが、その場にジャガー横田氏さんもいらっしゃいました。木下先生は常々待遇に不満があると言っていたので、自分から言いづらいことを強面のジャガーさんに言ってもらうつもりで呼んだのかなと思っていたんです。しかしジャガーさんが何か話そうとすると、木下先生が『お前はなにもわからないんだから黙っとけ!』と一喝した。こちらもびっくりするような厳しい物言いで……。それ以降、ジャガーさんは仕事に関することにはほとんど口出しせず、木下先生の話を黙って聞いていました」

「ジャガーさんが木下先生のいないとき、私にポツリと漏らしたことがあるんです。『私は学もないし、家事も全く出来ない。収入もたくさんあるわけではないから、木下に養ってもらっているんだよね』と。ご夫婦がテレビで見せている顔は作られたもので、実際の家庭内での立場は木下先生のほうが上なんだなと思いました」

仕事仲間へのパワハラのほかに、妻へのモラハラ疑惑。

引用:文春オンライン

ジャガー横田さんは中学を卒業すると同時に日本女子プロレス界に入ります。

ジャガー横田さんは中学時代から卓球部に所属しており、淑徳高等学校の推薦の内定をもらっていました。

しかし、家庭の負担を減らすべく女子プロレス始めたそうです。

一方、木下博勝医師は杏林大学医学部を卒業し、さらに東京大学大学院医学系研究科博士課程を修了し医学博士となっています。

学歴の差は歴然です。

それをジャガー横田さんも分かっており、さらに木下博勝医師はその学歴でモラハラを行なっているとのことでした。

木下博勝医師とジャガー横田さんはテレビでは恐妻家として知られていましたが、実際は夫の木下博勝氏の方が立場が上だったことが明らかになり波紋を呼んでいます。