木下博勝医師は韓国旅行好き?パワハラ音声が流出し評判は最悪に?

「医療法人社団 颯心会」でパワハラによってスタッフ計7名が退職したとして問題になっているジャガー横田の旦那・木下博勝医師。

「週刊文春デジタル」ではパワハラの実際の音声も公開されるなど、評判は最悪の状態に。

この記事では木下博勝医師と韓国との関係や、文春が公開したパワハラの音声についてまとめました。

木下博勝医師のパワハラ音声が公開

ジャガー横田さんの夫として知られている木下博勝医師。

「週刊文春」によれば、「医療法人社団 颯心会」にてパワハラ行為を数年間に渡って行なっていたとのことで、准看護師さんが退職し損害賠償請求を行うまでに発展しています。

その他にも、患者の前で他の医師の悪口を言ったり、書類をスタッフに投げつける、「木下先生セット」と呼ばれる、専用のスリッパ、車内用のクッション、「にっぽん烏龍」のペットボトル2本がないと診察に行かないとのこと。

これらパワハラ行為によって、医師2人、ナース3人、事務員2人が退職したとのこと。

最終的には患者から「木下NG」と患者側から診察を拒否され、「颯心会」から自主退職を求められたとのこと。

このパワハラ行為について、木下博勝医師は「事実無根」と回答しました。

しかし、「週刊文春デジタル」では木下博勝医師の実際のパワハラ音声を公開しました。

木下氏「そういう風に閉めたら耳がおかしくなるだろ、お前。考えろ」

Aさん「はい、すいません」

木下「『はい』って言ってるけどな、鼓膜破れたらお前金払えんのか? 医者の給料なんぼだと思ってるんだよ。お前、払えると思ってんのか慰謝料」

Aさん「すいません、払えません」

木下氏「絶対払えないよ、お前。反省してる風に見えないんだよ、お前」

新人助手「すいません、先生、私が乗ったから」

木下氏「いや、普段から注意しないと。こいつは軽く注意しても分からない人間だから。こいつのためなのよ。とんでもない人生送ってきたからこう言ってるから」

引用:週刊文春

この音声を提供したAさんによれば、この音声はほんの一部だそうです。

木下博勝医師の経歴プロフィール


今回、パワハラで問題になっている木下博勝医師。

ここでは、木下博勝医師のプロフィールをまとめました。

木下博勝

名前 木下博勝(きのした ひろかつ)
年齢 51歳
生年月日 1968年1月20日
出身地(実家) 北海道深川市
高校 北海道深川西高等学校
大学 杏林大学医学部
大学院 東京大学大学院医学系研究科博士課程(医学博士)
現職 鎌倉女子大学教授
妻(嫁) ジャガー横田(2004年に結婚)
事務所 パーフィットプロダクション
財団法人癌研究会研究生
スマックガールリングドクター
東京大学医学部附属病院第一外科
所沢胃腸病院(佐々木記念病院)副院長
社団法人日本外科学会専門医
日本大腸肛門病学会会員
日本癌学会会員
日本消化管学会認定医
日本禁煙学会学術顧問
日本外科学会
日本癌学会
日本大腸肛門病学会
日本消化管学会
日本抗加齢医学会
日本禁煙学会

木下博勝医師は韓国好き?嫌い?

今回、パワハラ問題の渦中にある木下博勝医師。

ネット上では木下博勝医師と韓国の関係について話題になっていましたので、ここでは、木下博勝医師と韓国の関係について調べました。

twitterでは、木下博勝医師は連休中に韓国によく行くと言う情報がありました。

これまでに100回以上行っているとのことでした。

しかし、木下博勝医師は「ミヤネ屋」などの番組で韓国については批判的な意見を語っているのも見られました。

木下博勝医師は韓国好きなのでしょうか、嫌いなのでしょうか。

木下博勝医師のブログを見てみると韓国について書かれた記事は44件ありました。

木下博勝医師韓国韓国について書かれた木下博勝医師のブログ。

中には韓国人のカラオケはうるさいという内容の記事もありました。

しかし、確かに韓国旅行は良く行くそうで、韓国・釜山(プサン)で撮影した写真もアップしていました。

木下博勝医師韓国(引用:木下博勝オフィシャルブログ)

中には日本と韓国の和解を望んでいるとの意見もありました。

木下博勝医師のtwitterでの評判

最後に、パワハラが発覚した木下博勝医師のtwitterでの評判をまとめました。