菊池涼介が不倫で裁判?元交際相手Aは誰?セフレ元彼女で美人局説も?

先日、一般女性との結婚を発表した広島カープ菊池涼介ですが、元彼女の交際相手交際相手Aが8千万円の慰謝料を請求していたことが判明しました。

菊池涼介選手は2019年9月に極秘結婚をしており、女性は既に妊娠しています。

菊池涼介選手によれば、元交際相手Aはいわゆるセフレだったそうで、結婚後の不倫関係も告発しています。

この記事では、菊池涼介と裁判沙汰になった元彼女の交際相手女性Aは誰か?8000万請求で知人とAに美人局説も?についてまとめました。

菊池涼介が元彼女と裁判?交際相手女性Aが不倫告発


今年3月に元CAの一般女性との結婚がスクープされた広島カープの菊池涼介選手。

週刊誌では2019年9月に極秘結婚していたことが報じられてます。

そんな菊池涼介選手ですが、3月14日、元交際相手(元彼女?)の女性から8000万円の慰謝料を請求されていたことが明らかになりました。

ここでは、菊池涼介選手の裁判内容について見ていきましょう。

まず、菊池涼介と交際相手女性Aはなぜ裁判沙汰になったのか?についてですが、元交際相手の女性の言い分は以下です。

元交際相手女性Aの主張

■女性は結婚を前提として真剣な交際相手として菊池涼介選手を紹介された

■女性は菊池涼介選手に早く結婚したい、子供を産んでくれるかと質問された

■菊池涼介は女性に恋愛感情を述べた

■デート場所や時間帯など女性は菊池選手に尽くしてきた

■菊池涼介選手は女性に「好きでなければホテルに呼ばない」と言った

■女性は菊池選手に都合良くホテルに呼ばれて弄ばれた

■菊池涼介の行為は極めて無責任で、女性は人間不信、対人不安、不眠になった

■菊池涼介の結婚後も2度、不倫関係を結んだ

■日本を代表する高学年棒取得の野球選手の菊池選手には痛みのある金額8000万円の慰謝料が妥当

これが菊池涼介選手の元彼女と言われている女性Aの言い分です。

交際相手Aの主張だけ見るとモテ男として知られる菊池涼介選手が相当チャラいことをやっていたのかと思います。

次に、菊池涼介選手の元交際相手Aへの反論内容をまとめました。

菊池涼介の主張

■菊池選手は知人からAを紹介され「軽く付き合えるならお願いします」と返事をした

■菊池選手は元交際相手女性Aと初デートから10日後にホテルで肉体関係を結んだ

会う頻度は1~2ヵ月に一回で、遠征先のホテルで会っていた

■菊池選手は現在の妻と出会いAとは疎遠になった

■菊池選手はAに恋愛感情はなく、好き・愛してると言ったことがない

Aも言動から恋愛感情はなかった

■菊池選手は妻と結婚後はAと不倫はしていない

裁判所の判断で解決を求める

以上が、菊池涼介選手の交際相手Aに対する反論内容です。

争点となったのは菊池選手は恋愛感情がなかった、女性Aは恋愛感情があったという点でした。

どうやら、菊池選手が呼び出したホテルに合わせてAが行っていたことは間違いないようです。

女性は菊池選手との不倫関係も告発していますが、これも菊池選手は否定しています。

菊池涼介と裁判の元交際相手女性Aは誰で特定?


今回、菊池涼介選手のセフレ関係・不倫関係を告発した元交際相手女性Aですが、ネット上では、この女性Aは誰?と話題になっていました。

菊池涼介選手の元彼女と言われていますが、実際はどうなのでしょうか?

ここでは、菊池涼介と裁判になった元交際相手女性Aについて公開された情報をまとめました。

まず、交際相手女性Aの名前と顔画像についてですが、こちらは公開されていませんでした。

しかし、女性の経歴については少し触れられていました。

菊池選手の元交際相手の女性は大手企業に長年勤務した一般人女性とのことでした。

このようなお金を要求する裁判問題まで発展したことや、菊池涼介選手の年齢が30歳であることを考慮すると、交際相手女性は若い方かと思われました。

菊池選手の元カノは浅田真由との噂が一時期ありましたが、浅田真由の年齢は30歳です。

となれば、大手企業に長年勤務していたという表現から、菊池涼介選手の元彼女の一人と言われている交際相手の女性Aの年齢は30~35歳くらいでしょうか。

流石に、40代ではないと思われます。

菊池涼介の元交際相手に美人局とのデマも?


また、今回の菊池涼介と元交際相手女性Aのトラブルは元カノAの美人局であるとの意見もネット上では見られました。

ここでは、菊池涼介美人局被害説についてまとめました。

なぜ、菊池涼介選手はハメられたと言われているのか調べてみたところ、理由の一つ目が知人の言動、二つ目が高額の慰謝料であることが分かりました。

まず、一つ目ですが、菊池涼介選手は広島出身の知人を通じて交際相手女性と出会いましたが、菊池選手は知人と「軽い気持ちで付き合えるなら」との約束で女性と出会っています。

知人は菊池選手以外の広島の選手とも親しく、「真剣な交際ではないとの意味はよくわかっていると思って頼んだのですが…」と菊池選手は疑問だったそうです。

さらに、菊池選手は普段からプライベートを明かさない主義で、結婚も選手間など限られた人しか知らなかったにも関わらず、知人は知っていたそうです。

そして、菊池選手に結婚したならAに伝えるべきと言ってきたそうです。

なぜ、この知人が結婚について知っているのか疑問だったそうです。

また、美人局説の二つ目の理由が、弁護士側が菊池選手に対して異例の高額慰謝料8000万円を要求していたことでした。

しかも、弁護士は有無を言わさない口調だったと菊池選手は告発しています。

しかし、流石に菊池選手が美人局にあったというのはないと思われます。