金原昇会長のwikiや出身地は松本市?髪型はかつら?息子や国籍に関する憶測も

全日本テコンドー協会の金原昇会長が反社会勢力と関わっていたと報じられ話題になっています。

ネット上では金原昇会長について出身地や国籍に関する憶測も飛び交っています。

また、なぜか金原昇会長の髪型にまで話題が。

この記事では金原昇会長のwikiプロフィール・経歴から韓国国籍とする憶測まで幅広くまとめました。

金原昇会長のwikiプロフィールと経歴


まずは、全日本テコンドー協会・金原昇会長のwikiプロフィールと経歴から見ていきましょう。

  • 名前:金原昇(かねはら のぼる)
  • 年齢:65歳
  • 生年月日:不明
  • 出身地:後述
  • 家族構成:妻・息子

以上が金原昇会長の簡単なプロフィールです。

続いて、金原昇会長がどのようなキャリアを歩んできたのか、経歴を見ていきましょう。

現在、全日本テコンドー協会の会長である金原昇氏ですが、テコンドー協会に関わり始めたのは1990年代と言われています。

金原昇会長が40歳くらいの頃です。

当時は長野テコンドー協会の理事長を務めたとのことです。

その後は2005年に全日本テコンドー協会の常務理事に就任します。

そして2008年に同協会の会長に就任します。

55歳前後で会長に選ばれたということになります。

金原昇会長は2008年には北京オリンピック強化委員長も務めるなど様々な場面で活躍しました。

しかし、2016年には一度、会長の座を離れています。

というのも、この金原昇会長の時期に成績不振に陥ったからです。

金原昇会長の任期である2008年、2012年、2016年のオリンピックでメダルが一枚も獲得できなかったことがやはり大きい要因となりました。

しかし、その後2017年には再び会長の座に就きます。

以上が金原昇会長の経歴です。

ちなみに、金原昇会長は空手の経験はありますがテコンドーの経験はありません。

また、金原昇会長の息子(長男)もテコンドー選手であり、現在は岐阜のテコンドー協会で幹部であるとの情報がありました。

金原昇会長の出身地は?国籍は韓国とする憶測が


そんな金原昇会長ですが、ネットでは出身地に関して様々な記事が書かれています。

中には金原昇会長の国籍は韓国であるというヘイト記事を書くブログも出現し情報が錯綜しています。

ここでは、金原昇会長の出身地についてまとめました。

まず、金原昇会長の出身地についての公式の情報はありません。

しかし、長野県松本市が出身地であるという情報が多く見られました。

中には自宅が長野県であるという記事も見られ真偽は不明となっています。

これは金原昇会長が長野テコンドー協会の理事長を務めた経験から推測された情報でしょう。

しかし、この他に金原昇会長の国籍が韓国籍であるとの憶測が飛び交っています。

金原昇国籍

金原昇会長の国籍に関してデマを流すトレンドブログ

Google検索結果にも「金原昇 国籍」、「金原昇 韓国」というキーワードが生まれています。

これらのトレンドブログを確認してみると、一番上の記事やその他の記事も同様に金原昇会長の国籍について「金」という文字が韓国人や在日の方に多い。

よって金原昇会長の国籍は韓国であるという内容でした。

つまり、何の証拠も提示せずにこのような憶測を流しています。

また、テコンドー協会の会長だから韓国籍という主張も見られました。

全て憶測なので注意しましょう。

金原昇会長の髪型にかつら説が


そんな金原昇会長ですが、なぜか髪型について話題になっています。

毎回、同じ髪型のためかつら疑惑が出ているようです。

こちらがGoogleの画像検索でヒットした金原昇会長の顔画像です。

金原昇髪型

googleで「金原昇」と検索した結果

このように、常に同じ髪型であることが分かります。

これが金原昇会長のかつら説の要因です。

ここで、一昔前の金原昇会長の写真を見てみましょう。

金原昇髪型

日本テコンドー協会会長就任時の金原昇氏の写真(こちらの記事を参照)

このように、今よりも生え際が後退して見えるのが分かります。

これも、金原昇会長の髪型に関してかつら疑惑が出た原因と思われます。

真偽は不明となっています。

金原昇会長の反社会勢力・闇金問題の噂について

10月2日、金原昇会長が反社会勢力との繋がりがあると報じられました。

全日本テコンドー協会の金原昇会長の反社会的勢力とのつながりが一部で報じられたことに関し、同協会でアスリート委員長を務める高橋美穂理事は1日、協会のコンプライアンス委員会に調査を依頼し、9月30日に受理されたことを明らかにした。事実が認定されれば、規定で注意から解任まで4段階の処分が科される。

1日に東京都内で選手との協議会に出席した金原会長は、反社会的勢力とのつながりについて「関係ございません」と答えた。

引用:産経新聞

以上のように、反社会勢力とのつながりが疑われています。

しかし、これに関しては金原昇会長は「関係はない」と主張しています。

真偽は分かりません。

今後の報道に注目しましょう。

また、この他にも金原昇会長と闇金についても一部話題がありました。

これは、金原昇会長が長野テコンドー協会に就任した時期に金原昇会長が同協会に寄付を行なっていたとする記事が要因と思われます。

(社)全日本テコンドー協会会長金原氏は長野県の只のスポンサーであった、長野県は丸山会長(長野県テコンドー協会会長)が長野県でテコンドーの大会を開く時に、予算が無い為に、お金を寄付して頂いていた、その1人が金原氏だったのです。金原昇(金 昇)とインターネットで調べてみれば分かりますよ、金貸しで(株)日本債権回収なんとかと、最もらしい名前の会長をやっているとかです、後は皆さんが見てみれば分かります。金原氏がいつの間にか長野県の代表になって出て来たのです。丸山会長(長野県テコンドー協会会長)に連絡して話を聞くと「どうしてもやらしてくれ」と言うのでやって貰っていると。 丸山会長に良く話を聞くと、金原氏からお金を融資してもらっているとの事でした、だから丸山会長を無視して、やりたい放題やっているのです。何故、金原氏が長野県代表で出て来たかお分かりになりました。

引用:渡邊幸雄 公式ホームページ

これによれば、金原昇会長は債権に関する金貸し会社の会長であったとのこと。

しかし、これについても確証はありません。

現段階では噂程度のものです。

関連記事

「テコンドー問題」の渦中にある全日本テコンドー協会。 テコンドー協会・岡本依子副会長がテレビに出演し話題になりました。 ネット上では話し方がおかしいと話題になっていました。 一体なぜ、このような声が出ているのでしょうか。 […]

岡本依子副会長