【伊藤詩織と山口敬之】ドアマン・タクシー運転手の証言全文まとめ!

  • 2019年12月21日
  • 2019年12月21日
  • 社会

2015年にジャーナリストの伊藤詩織が元TBSワシントン局長の山口敬之に性的暴行を受けたとされる事件。

伊藤詩織さんが民事裁判に勝訴し山口敬之は控訴、会見では伊藤詩織を「嘘つき」と述べました。

何が正しいのか泥沼化している2人の問題ですが、伊藤詩織と山口敬之が事件当日に向かったとされるホテルのドアマンの証言が「週刊新潮」から供述調書として公開されました。

また、2人をホテルまで送っていったタクシー運転手の証言も明らかになるなど明らかになりつつあります。

この記事では、ドアマンとタクシー運転手の証言を全文まとめました!

伊藤詩織と山口敬之|タクシー運転手の証言


伊藤詩織と山口敬之の性的暴行問題。

伊藤詩織は合意はなかった「レイプ」であることを主張しています。

一方で、山口敬之は合意があったとして「レイプではない」ことを主張しています。

つまり、合意があったのかどうかが争点になっています。

ここで問題になるのが、第三者の証言になります。

伊藤詩織と山口敬之を目撃した第三者というと…

  • 伊藤詩織と山口敬之をホテルまで送ったタクシー運転手
  • 伊藤詩織と山口敬之を見たホテルのドアマン

の2人になります。

まず、事件当日までの経緯について振り返ります。

【2013秋ころ】
・伊藤詩織が山口敬之に報道の仕事がしたいとしたいと告げる
・山口敬之は伊藤詩織にTBSのNY支局長に会わせたいと言う
・数日後、伊藤詩織、山口敬之とNY支局長でランチ・支局内を案内する【2015年3月】
・伊藤詩織は「トムソン・ロイター」でインターンをし就職活動をしていた
・「シントンに来てくれたらインターンでも何でも採りたいな」という山口敬之の言葉を思い出し連絡する

【2015年4月3日】
・山口敬之「しばらくこっちで仕事をしてもらいながら正式な採用に向かうという手も。それなら私が決裁できます」
・山口敬之「最大の関門はビザ。TBSで支援する事も可能」
・山口敬之「ヤボ用で一時帰国する事になった。空いてる夜ある? なんか奢ります」
・山口敬之「あと、今売ってる週刊文春に僕の寄稿が掲載されるから読んでおいてね」
・以上のやり取りを経て伊藤詩織と山口敬之は東京・恵比寿で会う約束をする

【当日】
・店は串焼きやで、2人きりで同席者はいなかった
・店では鳩山元首相、安倍首相など山口敬之は人脈の話しかしなかった
・山口敬之「僕は明日帰るんだけど、恵比寿には顔を出さなきゃいけない店がものすごくあるから付き合って」と言い二軒目の鮨屋へ行く
・伊藤詩織は二度目にトイレに行った時から記憶がなかった。刺身と日本酒2合をシェアしただけだった。

【当日23時頃】
・店を出てタクシーに乗る

以上が、伊藤詩織と山口敬之のタクシー乗車までの経緯です。
伊藤詩織は普段は2人でワインボトルを3本空けても全く酔わないそうで、まして記憶が飛んだことなどなかったそうです。
しかし、この日は2人で日本酒2合をシェアしただけで記憶がなくなってしまった。
これによって、伊藤詩織は「薬(デートレイプドラッグ)」を入れられた可能性を指摘しました。
タクシー運転手はこの時の2人の様子について次のように証言しました。
「その女性のことなら、よく憶えています。後部座席の奥側に彼女が座らされていたのですが、男性は彼女に“もっといい仕事を紹介する”と話していました。女性は何度か“駅の近くで降ろしてください”と訴えたのですが、男性が“何もしないから。ホテルに行って”と。それで、結局2人をホテルに連れて行ったのですが、到着しても彼女はなかなか降りようとしませんでした。けれど最終的には彼女は体ごと抱えられて、座席から降ろされたのです」

つまり…

  • 山口敬之は伊藤詩織にもっといい仕事を紹介すると言い、タクシー運転手にホテルに行くように指示した
  • 伊藤詩織は駅の近くで降ろしてくれるよう頼んでいた。ホテルについてもなかなか降りようとしなかった
  • 最終的には山口敬之は伊藤詩織を体ごと抱えて降ろした

以上がタクシー運転手の証言になります。

伊藤詩織と山口敬之|シェラトン都ホテルのドアマンの証言


では、これに対して、ホテルのドアマンはどのように証言したのでしょうか。

タクシーに乗った伊藤詩織と山口敬之はシェラトン都ホテルに向かったとされています。

また、12月19日の週刊新潮では新たにホテル・ドアマンの証言が供述証書として公開されました。

ここでは、ドアマンの証言を全文まとめました。

そもそも、今になってなぜドアマンの証言が明らかにされたのかについてですが、ドアマンは次のように語りました。

〈裁判所から何の連絡もないまま、もうすぐ結審するというニュースを知り、このままでは私の見たことや私の調書の存在は表に出ることなく葬り去られてしまうと考え、9月末に伊藤詩織さんを支える会に連絡をし、ようやく伊藤さんの代理人に連絡が取れ〉たからだと綴っている。

引用:デイリー新潮

そして、ドアマンは次のように当時について証言しました。

まず、タクシーにいる山口敬之と目があったドアマンは山口敬之の第一印象について次のように証言しました。

その時に手前に座った男性と目が合い、怖い印象を受けました。そして、奥に座った女性に腕を引っ張るようにして降りるよう促していた

そして、タクシーの中では伊藤詩織が嘔吐しており、その様子を見たドアマンは…

女性の方は(中略)「そうじするの、そうじするの、私が汚しちゃったんだから、綺麗にするの」という様なことを言っていました。当初、何となく、用事の片言みたいに聞こえ、「何があったのかな」と思っていたら、車内の運転席の後ろの床に吐しゃ物がありました

伊藤詩織はタクシーから出るのを拒んだと言われています。その様子を見たドアマンは…

女性は左側のドアから降ろされる時、降りるのを拒むような素振りをしました。「綺麗にしなきゃ、綺麗にしなきゃ」とまだ言っていたので、座席にとどまって車内を掃除しようとしていたのか、あるいはそれを口実に逃げようとしているのか、と思いました。それを男性が腕をつかんで「いいから」と言いました

伊藤詩織は泥酔していたと言われていますがドアマンもその様子を目撃していました。

足元がフラフラで、自分では歩けず、しっかりした意識の無い、へべけれの、完全に酩酊されている状態でした。「綺麗にしなきゃ、綺麗にしなきゃ」という様な言葉を言っていましたが、そのままホテル入り口へ引っ張られ、「うわーん」と鳴き声の様な声を上げたのを覚えています

山口敬之が伊藤詩織を強引に引っ張ったとドアマンは証言しています。

まるで別人でした。自分では歩けないから、男性が手を強引に引っ張ってホテルの玄関に入って行きました。私はそれを唖然として見送りました。

ドアマンが最も驚いたのが山口敬之のタクシー運転手への対応だったそうです。

驚いたのが、男性がタクシーの運転手さんに一言の謝罪も無く、女性に対して言った「いいから」という言葉以外は無言で立ち去ったことでした。「え、何もしないで言ってしまうのか」と驚きあきれ、こういう場合、たいていは、運転手さんにクリーニング代のチップくらい渡すものなのに、運転手さんはかわいそうだな、今日はもう仕事にならないだろうな、と思ったのです

伊藤詩織の嘔吐物を見たドアマンは…

吐しゃ物はたいてい、周囲に広がっていくものなんです。ところが、その時の吐しゃ物は客席の足元に敷かれたフットマットの上に、こんもりと固体に近い形でありました。「へえ、珍しいな」と思い、せめて散らばらなくて運転手さんのためには良かったな、と思いました

伊藤詩織が逃げようとしていた様子をドアマンは見たとのこと。

男性(山口記者)の運転手さんへの態度がひどいと憤りを感じたこと、女性の「綺麗にするの、綺麗にするの」というセリフを言って逃げようとする素振りをしていたこと、その声のトーンが何となく奇妙に感じられたこと、女性がその言葉を口実に相手の男性を拒否しているように見えたこと、さらに車外に出た後に女性が鳴き声のような声をあげたことが、ものすごく印象に残ったから

そして、伊藤詩織が不本意にホテルに来たということを確信したそうです。

客観的に見て、これは女性が不本意に連れ込まれていると確信しました

捜査員は、「これだけはっきりした証言なら行けるな」と2人で話、「じゃあ次回は調書を取らして下さい」「ああ、わかりました」というやり取りをしました

以上が「週刊新潮」に掲載された伊藤詩織と山口敬之についての証言でした。

  • 山口敬之が伊藤詩織を強引にホテルに連れていった
  • 伊藤詩織は泥酔して泣いていた
  • 山口敬之のタクシー運転手への対応はひどかった

以上のことがドアマンの証言として公開されました。

今後、より詳しい証言が出るのでしょうか。

注目が注がれています。

関連記事

伊藤詩織への性的暴行疑惑によって注目が注がれていたジャーナリストの山口敬之。 19日には伊藤詩織の勝訴に対して控訴し会見を開きました。 この記事では山口敬之の嫁妻や息子など家族についてや、山口敬之の姉と安倍昭恵夫人が聖心女子学院[…]

山口敬之
関連記事

2015年に起きた伊藤詩織さんがジャーナリストの山口敬之さんに性的暴行を受けた事件。 19日には民事裁判にて伊藤詩織さんが勝訴、山口敬之さんに330万円の支払いが命じられました。 この記事では、ネット上ではびこる伊藤詩織さんのハ[…]

伊藤詩織
関連記事

元TBSワシントン支局長の性的暴行問題で19日に民事裁判で勝訴となった伊藤詩織さん。 今後は自身が遭った誹謗中傷などの「セカンドレイプ」について法的措置をとることを発表しました。 この記事で、はすみとしこの伊藤詩織イラスト画像な[…]

伊藤詩織
関連記事

山口敬之に民事裁判で勝訴した伊藤詩織さんが、誹謗中傷を行った人たちに法的措置をとると発表しました。 そんな中、伊藤詩織さんが「アメリカ・ニューヨークでピアノバーに勤務していて元キャバクラ嬢だった」といった噂がツイッターで広がっています[…]

伊藤詩織 キャバクラ嬢
関連記事

伊藤詩織さんがハニートラップ説などの誹謗中傷やセカンドレイプに法的措置を取ることを発表しました。 そこで、伊藤詩織さんをイラストなどで名誉毀損したとされる、はすみとしこのイラスト画像が衝撃と話題になっています。 しかし、はすみと[…]

はすみとしこ 伊藤詩織 イラスト