ホテル舞浜ユーラシアが炎上!オーキッドのアレルギー表示漏れと対応がひどすぎると話題に【謝罪文全文】

1月4日、千葉県浦安市の「ホテル舞浜ユーラシア」でアレルギー表示漏れにより20代の女性に被害が出ていたことが判明しました。

また、ホテル舞浜ユーラシアのその後の対応がひどかったとしてネットでは炎上しています。

この記事ではホテル舞浜ユーラシアのアレルギー表示漏れ炎上騒動とその後の対応、謝罪文全文についてまとめました。

スパ・ホテル舞浜ユーラシアがアレルギー表示漏れと対応で炎上


1月4日、千葉県浦安市のスパ&ホテル舞浜ユーラシアのレストランで食事をした女性がアレルギー表示漏れによりアナフィラキシーショックなどの健康被害が出ていたことが分かりました。

女性は甲殻類のアレルギーを持っていたそうですが、レストランの中華丼のアレルギー表記にはエビが含まれていなかったそうです。

女性が中華丼を食べると中からエビが3匹も出てきたそうで、女性はアレルギー反応により嘔吐や蕁麻疹などの症状を発症し病院に運ばれたとのことです。

これだけでも十分、炎上してもおかしくない問題なのですが、ホテル舞浜ユーラシアのレストランのその後の対応もひどかったとして炎上しています。

報道によりますと、女性が病院での治療後にレストランに連絡を取ると、体調を気遣う言葉はなく、また途中で食事を止めた女性の夫の食事代まできっちり請求されたそうです。

保健所に届けを提出する旨を伝えても「ご勝手になさってください」と流し、ホテルに連絡をとっても「レストランの管轄」と取り合ってもらえなかったそうです。

アレルギー表示漏れとその後の対応の結果、ホテル舞浜ユーラシアは炎上しました。

メニュー誤表記があったのはレストラン「オーキッド」!口コミは?


今回のホテル舞浜ユーラシア炎上騒動ですが、メニューの語表記があったレストランについて疑問の声がありました。

報道では、このレストラン名も報じられていました。

メニュー誤表記のアレルギー表示漏れがあったホテル舞浜ユーラシアのレストランは「オーキッド」と報じられています。

レストランオーキッド引用:スパ&ホテル舞浜ユーラシア公式ホームページ

女性が治療後にレストランに連絡しても「今すぐには返答ができない」の一点張りで謝罪の言葉はなかったそうです。

また、ホテル舞浜ユーラシアはホームページで全メニューの表示を見直すとして、アレルゲン表記を全品中止することを発表しました。

女性によれば、レストラン「オーキッド」では中華丼の他にもソフトクリームとたこ焼きには、乳製品表記や小麦粉表記がなかったそうです。

またレストラン「オーキッド」の口コミについてですが、Googleレビューでは3.2と決して悪い数字ではありませんでした。

レストランオーキッド

今後はきっちりとした体制で料理を提供してほしいですね。

ホテル舞浜ユーラシアの謝罪文全文はこちら

また、今回のレストラン「オーキッド」のアレルギー表示漏れ炎上の件でホテル舞浜ユーラシアは謝罪文を発表しました。

こちらが謝罪文全文です。

ホテル舞浜ユーラシア謝罪文

「メニュー語表記に関するお詫びとお知らせ」

 この度は、弊ホテルのレストランメニューにアレルゲンの一部表記欠落が有りお客様に多大なご迷惑をおかけ致しました事、ここに深くお詫び申し上げます。
弊ホテルとしては、このことを真摯に受け止め、次の通り、対応して参る所存です。
今回の経緯は、弊ホテルレストランメニューの「中華丼」におけるアレルゲン表記において、”海老”の表記が漏れておりました。現在、ほかのメニューも含め、使用している食材の管理などを見直しておりますので、メニューにおけるアレルゲン表記を全品、中止いたします。
アレルゲンに関するご質問については、担当者へのお問い合わせをお願いいたします。
舞浜ユーラシアを日頃からご利用いただいているお客様及び関係者の皆様にも多大な迷惑とご心配をお掛けしました事を重ねてお詫び申し上げます。

2020年1月6日

SPA&HOTEL 舞浜ユーラシア
総支配人

ネットの反応