カルロス・ゴーンの父親は極悪殺人の死刑囚だった!神父銃殺・麻薬・賄賂・偽札・刑務所脱出の多数の罪

カルロス・ゴーンの父親は2度も死刑判決を受けた極悪犯罪人であることが判明。

ここでは、カルロス・ゴーンの父親のジョージ・ゴーンの神父銃殺、麻薬、賄賂、偽札、刑務所脱出などの犯罪歴や経歴に迫ります。

カルロス・ゴーンの父親のジョージ・ゴーンは極悪殺人犯で死刑囚だった!

カルロス・ゴーンの父親が多数の罪で死刑判決を受けていた極悪殺人犯だったことをForbes Japanが報じました。

以下、Forbes Japanからの引用です。

レバノンに逃亡したカルロス・ゴーンの記者会見は、レバノンをはじめアラブ諸国でも大々的に報じられているが、衝撃的な報道が登場した。それは、ゴーンの実父、ジョージ・ゴーン(2006年に死亡)が、かつて密輸にからむ殺人事件を起こした後、いくつもの事件で死刑判決を受けていた、というものである。

ドバイのアル・アラビーヤ国際ニュース衛星放送が報じたところによると、フランスのオプセルヴァトゥール(L’Obs)の東京特派員レジー・アルノー記者が、カルロス・ゴーンの人生にせまる『逃亡者』という本を2月5日に発売する。その本に、ゴーンが6歳のとき、父親のジョージが犯した殺人事件について触れていることが明らかになった。

麻薬の密輸と神父銃殺

アルノー記者の本を事前に入手したクウェートのアル・カバス紙によると、事件が起きたのは1960年4月17日。レバノンの村の路上で銃殺された死体が発見された。

被害者は、ボリス・ムスアド神父。3日後に5人組の犯人グループが逮捕された。その一人が、当時37歳だったジョージ・ゴーン。ダイヤモンド、金、外貨、麻薬の密輸業者であり、ジョージは検察官の取り調べに対し、「ただの脅しのつもりが最悪の結果になってしまった」と供述している。

ジョージは事件の20年前にナイジェリアの首都ラゴスでボリス神父と出会っていた。ボリスはレバノンの山岳地帯で羊飼いから神父になった人物。その神父にジョージは密輸を依頼するようになる。儲けたカネを分け合う関係だったが、「神父の欲深さに腹を立て、仲間をけしかけて脅していたら、神父を殺害してしまった」と、ジョージは供述している。

事件当時、息子のカルロスは6歳。父親は殺人で逮捕されるのだが、その後、さらなる驚きの犯罪が発覚する。

賄賂、殺害計画、偽札、・刑務所脱出

バアバダー刑務所に送還されたジョージは、「貧しそうだったので憐れんでやった」と看守たちに賄賂を配り、刑務所のドンとなった。昼間は刑務所外で過ごし、夜は刑務所に戻る形で、近くに開いた賭博所で看守や囚人たちをもてなしていたという。

同年の8月4日、仲間11名が逃亡を計画。ジョージは逃亡に加わらなかったが、脱獄に失敗して逮捕された仲間が衝撃的な供述を行う。それは、ジョージがバアバダーの地方検事、予審判事、刑事裁判所長の殺害計画をもちかけていたというのだ。これによって、ジョージ・ゴスンは1961年1月9日に死刑判決を言い渡された。

しかし、ジョージは模範囚となり、その後15年の禁固刑に減刑された。出所したのが、1970年。ところが、話はこれで終わらない。刑務所から出所した4か月後にまた逮捕された。3万4000ドルもの偽札を所持していたのだ。取り調べの結果、100万ドルの偽札をすでに販売していたため、再度15年間の禁固刑に処される。

 

ビジネスで成功

3年後、刑務所内で自殺未遂事件を起こしたが、チャンスが到来する。1975年初頭、レバノン内戦の混乱に乗じてベイルート脱出に成功したのだ。ジョージはブラジルのリオデジャネイロに逃げて、ブラジルでビジネスに成功。2006年に死亡した。

カルロス・ゴーンの父親のジョージ・ゴーンの犯罪歴と経歴まとめ

  • 1960年4月17日、ダイヤモンド、金、外貨、麻薬の密輸業者のジョージ・ゴーンが神父銃殺で逮捕されバアバダー刑務所に送還される。事件当時、父親は37歳、息子のカルロスは6歳
  • バアバダー刑務所で看守にわいろを配り刑務所のドンとなる
  • バアバダーの地方検事、予審判事、刑事裁判所長の殺害計画で死刑判決
  • その後、模範囚となり15年の禁固刑に減刑され1970年に出所
  • 出所4か月後に偽札所持・販売で再逮捕。再度15年間の禁固刑
  • 3年後、刑務所内で自殺未遂
  • 1975年初頭、レバノン内戦の混乱に乗じてベイルート脱出に成功
  • ブラジルのリオデジャネイロに逃亡しブラジルでビジネスに成功
  • 2006年死亡

カルロス・ゴーンは父親の存在を隠蔽していた!?

カルロス・ゴーンはこれまで自身の祖父や母親については語ってきましたが、父親についてはほとんど触れてきませんでした。

それは、父親が死刑判決を受けるほどの極悪犯罪人だったためでしょう。

カルロス・ゴーンは6歳の時に母と2人の姉と共にレバノンに帰国していますが

これは父親が殺人罪を犯したことでブラジルを脱出したものだったと思われます。

レバノン有数の名門校コレージュ・ノートルダムへの入学や、姉共々フランス留学できたのは、父親の多額の密輸資金を持って逃亡したからではないかと言われています。

カルロスゴーンは在任中、日産の経費で同校に「カルロス・ゴーン奨学金」を創設しています。