バチェラー3でやらせ疑惑!ライン(LINE)全文がやばい!文春砲が炸裂!

婚活サバイバル番組として大人気のアマゾン限定番組「バチェラー・ジャパン」でやらせ疑惑が週刊文春によって明らかになりました。

この記事ではバチェラー3でおきたヤラセ疑惑の内容や告発ライン(LINE)の内容についてまとめました。

週刊文春 バチェラー・ジャパンでやらせ疑惑!


若者に大人気の婚活サバイバル番組「バチェラー」。

2017年からアマゾンで放送されたこの番組は「やらせなし」、「台本なし」をコンセプトにリアルな婚活サバイバルを放送してきました。

2019年秋にはバチェラー3が配信され話題になりました。

しかし、今回、週刊文春の記事によってこのバチェラー・ジャパンにやらせ疑惑が出ました。

番組では友永真也さんが最終的に岩間恵さんを選び反響を呼びましたね。

バチェラーには台本はないとされていましたが、実際には台本が存在しており

狙いのシーンを撮影するために何度も同じシーンを撮影していたとのこと。

このやらせの告発はバチェラーの出演者のA子さんやB子などから発覚しました。

リアリティーある番組として知られたバチェラーだけに衝撃を読んでいます。

バチェラー3 やらせのライン(LINE)の内容全文!

週刊文春によって発覚したバチェラーヤラセ疑惑。

今回のやらせや台本の存在を証明するものとして週刊文春では出演者のライン(LINE)が公開され話題になっています。

ここでは、ヤラセ告発が行われたラインの内容をまとめました。

バチェラーでは泳げない出演者女性に対して友永真也さんが「飛び込むか!」と池に飛び込むシーンがありました。

当時、モラハラだと話題になったこのシーンですが、実際には飛び込んだのは一回ではなく複数回飛び込んだとのことでした。

また、この池に飛び込む下りも制作者側の指示であることが分かり台本の存在も明らかになりました。

そのLINE画像がこちらです。

バチェラーやらせLINE週刊文春より引用

この告発ラインでは沼に飛び込むあのシーンは2,3回させられたとのことです。

バチェラーやらせ疑惑まとめ!

告発ラインによって明らかになったバチェラーでのやらせ疑惑ですが、この他にも様々なヤラセ疑惑が週刊文春によって明らかになりました。

ここでは、バチェラーのやらせ内容をまとめました。

  • 出演女性は仲が悪い
  • 岩間恵は山梨県の実家でぶどう農家を手伝っている
  • 古澤未来はダンプ運転手
  • 台本がない
  • 池への飛び込み
  • 濱崎麻莉亜の過去についての手紙
  • 友永真也さんの水田あゆみへのプロポーズ

この他にも、初日に友永真也さんと20人の女性が対面したと放送されましたが、実際は二日に分けていたとのことでした。

出演者の女性は実際には一緒にお酒を飲むような仲の良い関係だそうです。

また、岩間恵さんは実際には山梨県ではなく東京都在住でぶどう農家ではなく他の仕事をしているとのことでした。

古澤未来さんについても、ダンプ運転手ではなく実際は以前からタレント活動を行なっていたそうです。

他にも、濱崎麻莉亜さんは自身の過去について手紙を読みましたが、これは実際には濱崎さんは拒否していたにも関わらず制作者側が指示していたとのこと。

他にも、週刊文春では女性同士が仲が悪いように演じるよう指示をだしていたそうです。

友永真也さんが水田あゆみさんにプロポーズをしたにも関わらず、すぐに別れて岩間恵さんと交際していたことも台本があった証拠ですね。

実際に、これも制作者側が友永真也さんに指示を出していたことが判明しました。

バチェラー やらせは当然?容認の声も

今回明らかになったバチェラーですが、ネット上ではヤラセとわかっている人が大勢いました。

このような番組の性質上、撮影ということを考えるとある程度のシナリオがあるのは当然と言えますね。