朝霧JAM2019の攻略法!キャンプの服装・持ち物や過去の感想を紹介!

キャンプ、音楽、富士山麓の景色。

この3つが同時に楽しめるのフェスが毎年10月に開催される「朝霧JAM」です。

音楽好きな人、キャンプ好きな人が集まるフェスですが

初めて参加するという方や、いつもと違う楽しみ方をしようとしている方もいるのではないでしょうか?

そういった方のために、ここでは朝霧JAMの攻略法を紹介します!

キャンプの場所取り、服装、持ち物、さらに過去に来場した方々の体験談も踏まえ、朝霧JAMを完全攻略しましょう。

朝霧JAM2019の概要

日程:2019年10月12日(土)〜13日(日)

会場:富士山麓 朝霧アリーナ · ふもとっぱら
(静岡県富士宮市朝霧高原 周辺)

会場地図:https://asagirijam.jp/camp/

※雨天決行

朝霧JAMの会場までの行き方や駐車場

朝霧JAMの会場までの行き方や駐車場についてはこちらをご覧ください↓

関連記事

音楽とキャンプを同時に楽しめる「朝霧JAM」。 富士山麓の美しい風景の中で開催される大人気キャンプであるだけに 毎年チケット・オフィシャル駐車場が早期に売り切れてしまいます。 さらに、来場者数が非常に多ため、会場付近は渋滞[…]

朝霧JAMの駐車場

朝霧JAMの攻略方法!

必要な準備

《キャンプ編》

  • テント
    フェスの場合は荷物が多いので、泊まる人数+1人用の物を選ぶと良いでしょう。
    事前に防水スプレー等を施しておくと、雨でも安心です。ペグの本数に不足が無いか等出発前にチェックしておきましょう。
  • グランドシート
    こちらはテントのサイズに合った物を!
    厚手の物があると安心です。
    テントの底が傷つきにくくなりますし、底冷え防止になります。
    サイズが合わない物を使用すると、浸水の原因になりますのでご注意ください。
  • ランタン
    周囲に明かりが無いので、ランタンは必須アイテム!
    テントの中でも使えるLEDタイプも販売されていますので、用途に合う物を持参しましょう。
  • テーブル、椅子
    キャンプサイトで食事を取る方には、ぜひ持参して頂きたいのはテーブル!
    こちらも様々な素材の物が売られています。
    木製のテーブルは写真映え効果も♪
    椅子はコンパクトに畳める物を。
    色味を統一しても良いですし、様々な色味を使うのもオシャレです♪
  • シュラフ(寝袋)
    朝霧高原の夜はかなり冷え込みます。
    寝袋は人数分持参しておくと良いでしょう。
    また、+1人分用意し、寝床に広げておくと底冷え予防になります。
  • ブランケット
    夜、キャンプサイトで焚き火をするだけでも、身体の芯から冷えてきてしまいます。
    体温を奪われない為にも、ブランケットを用意しておくと良いでしょう。

《宿泊編》

  • 着替え
    泊まる日数+2日分程あると安心です。
    長袖シャツやパーカー・トレーナー、ニット等、重ね着できるアイテムがあると、温度調節しやすいと思います。
    寝間着も必要であれば持参しましょう。
  • 歯みがきセット
    トラベル用の歯磨きセットで十分です。
    炊事場で歯磨きができます。
  • 化粧品・スキンケア用品
    こちらもトラベル用の物や、試供品を使用すると荷物もコンパクトにまとまります。

《あると便利なアイテム》

  • テントの目印になるもの
    キャンプ場では同じような色味のテントが多く、自分のテントがわからず迷子になることも…。
    迷子防止の為にも、ガーランドやカラフルな風車等がアウトドアグッズとして販売されていますので、こちらも用意すると安心なアイテムです。
    お子様と一緒にガーランドづくりをしてみるのもいいですね♪

場所取り

では、場所取りは早めに行ったほうが良いのでしょうか?

オフィシャルサイトのマップを参考にご説明します。

朝霧JAM地図

引用:https://asagirijam.jp/

《キャンプサイトA》

1日目のオープンと同時に次々と埋まっていく状況です。

区画がわけられているわけではありませんが、タープは使用不可なので、アウトドアチェアやピクニックシート等を併用する方が多いようです。

キャンプサイトAについては、早めの場所取りが朝霧JAMを制するという方もいるように、前の方に場所取りできれば、ライブも一緒に味わえます。

《キャンプサイトB》

キャンプサイトBは楽しみ方に応じて場所取りができます。

  • Kエリア
    両ステージに近い事もあり、人気スポットです。こちらを確保するには、開場と同時に場所取りを行っておくと良いでしょう。
  • Iエリア
    このエリアは初心者さんにもオススメ!
    近くの「管理棟」では薪や炭、ガスの販売を行う売店もあります。
    また、「キャンプよろず相談所」にも近く、ここではキャンプに関する困った事を相談できるので、頼もしい味方が近くにいると安心ですよね。
  • M・N・O・Pエリア
    移動距離は長いですが、広々スペースでキャンプをしたい方にオススメの場所です。
    通路は坂道なので、移動が大変なので小さいお子様連れの方には少し大変かもしれません。

《ふもとっぱら》

オーキャンプが可能な「ふもとっぱら」では場外駐車場に駐車する「手持ちキャンプエリア」もあります。

「ふもとっぱら」から観る富士山は遮るものがなく、絶景圧巻です!

服装
やオススメのコーデは?

「朝霧JAM」の会場である朝霧アリーナ・ふもとっぱらの10月の平均気温は最高気温19~25℃、最低気温は17℃~11℃、6℃という日もあるようです。

夏フェスコーディネートより、キャンプコーデがオススメです。

《コーディネート例》

  • トップス:Tシャツ
  • インナー:吸湿速乾素材の長袖Tシャツ
  • ボトムス:ハーフパンツ+レギンス
  • 靴:スニーカーやアウトドアシューズ、長靴
  • アウター:ナイロン素材のパーカーやウインドブレーカー、軽量ダウン等
  • 帽子:バケットハットやキャップ(撥水加工のものがオススメ)

「朝霧JAM」の会場で朝霧アリーナ・ふもとっぱらは、坂道や砂利道も多いので、足元は履きなれたスニーカーやアウトドアシューズがオススメです。

また、昼夜寒暖差が激しいので、アウターを着る等の臨機応変な対策も必要です。

《昼間》

10月とはいえ、標高が高いので昼間は天気が良ければ日差しが強いです。

紫外線対策として吸湿速乾素材やUVカット素材の長袖Tをシャツを、インナーとして仕込んでおくと安心です。

また、ライブで思いっきり暴れたい!という方は、コンパクトなパーカーを入れておくと、ライブ前後の日差しや急に冷え込んだときにも羽織れます。

また、標高が高いと天候も不安定です。

持ち歩きバッグにはレインウェアを入れておいたり、長靴を用意しておくと良いでしょう。

ステージ周辺は多くの人が出入りする場所なので、ぬかるみやすいです。

《夜》

夕方からは冷え込みますので、アウターとしてコンパクトなナイロンパーカーやウインドブレーカー、軽量のダウンジャケット等を用意しておくと良いでしょう。

シンプルなデザインのものが多いですが、せっかくのキャンプフェスなので、色物や柄物にチャレンジしてみるのも良いですね♪

参考になる芸能人のフェスファッション!

朝霧JAMに最適な服装は分かったものの、具体的なファッションやコーデが思い浮かばない…という方のために、

参考になる芸能人のファッションコーデをご紹介します!

小嶋陽菜さん

https://twitter.com/kojiharunyan/status/1023535890260324353

FUJI ROCKでのコーディネート。レインコートとレインブーツをかわいらしくコーディネートされています。

バケットハットは日差しを防ぐ上、キャップより濡れないのでオススメです!

ベイカー恵利沙さん

https://www.instagram.com/p/BIKrdaAD8ms/?utm_source=ig_web_copy_link

モデルのベイカー恵利沙さんは、ポップなピンクのキャップに赤のレインブーツのポップ且つシンプルなコーディネートです♪

上着の肩掛けもオシャレですね。

MEGUMIさん

View this post on Instagram

Thanks. #fujirock

A post shared by MEGUMI (@megumi1818) on

MEGUMIさんはワンピースにブーツと一見シンプルですが、赤のハットとサコッシュがポイントになっています。

「朝霧JAM」はゆったりと観られるフェスなので、このようなコーディネートもオススメです。

野尻美穂さん

https://www.instagram.com/p/B0YACBuBhvI/?utm_source=ig_web_copy_link

読者モデルやブランドnano universeでデザインも手掛ける野尻さんは、オレンジのレインウェアとブラウンのパンツでコーディネート!

今年は「アノラックパーカー」が各ブランドから発売されていますので、こちらも注目ですね!

アノラックパーカーのコーディネート:https://wear.jp/women-coordinate/?tag_ids=10289

また、「Festival Life」というフェス情報サイトの公式Instagramでは、一般のフェス来場者のコーディネートがたくさん掲載されていますので、こちらもぜひご参考に♪

これがあると便利!持ち物リスト

レイングッズ

「朝霧JAM」は例年雨の日が多く、レインウェアや長靴は必須アイテムと言えます。

前述のアノラックパーカーはナイロン素材も多く、今年らしいコーディネートにもなるので、オススメです。

レインブーツは大きいし重いし荷物になるのでは…とお考えの方にオススメなのが、「日本野鳥の会」から発売されている「バードウォッチング長靴」!

こちらは、バードウォッチング用に作られた長靴なので、脱げにくくぬかるみでも歩きやすいレインブーツです。

長靴なのにコンパクトに折り畳めて、付属の巾着に入れておけるので、とても便利。

デザインもシンプルなので、普段使いもできるので、これを機に購入しておくのもオススメです。

日本野鳥の会バードショップオンライン:https://www.birdshop.jp/fs/wildbird/c/cat12

防寒着

「朝霧JAM」が行われる朝霧アリーナ・ふもとっぱらは高原地帯なので、朝晩はとても冷え込みます。

防寒着として、ダウンジャケットやブルゾンがオススメですが、アウトドアブランドですと数万円するものも…

比較的安価なのは、UNIQLOの「ウルトラライトダウン」。

手持ちのアウターの中に1枚仕込むことで、かなり温かいですし、ポケッタブルタイプなので、持ち運びやすいです。

また、作業着等を販売する「ワークマン」も最近はオシャレなラインが出ていたり、普段使いできるアイテムも多いので、こちらも要チェックです!

ウルトラライトダウン

ワークマンオンラインストア:https://store.workman.co.jp/

キャリーカート

前述の通り、「朝霧JAM」の会場では砂利道や坂道が多く、キャンプ道具を何往復もして運ぶのはとても大変ですし、体力消耗にも繋がります。

4輪タイプのキャリーワゴンがオススメです。

ニュートラルアウトドアオフロードキャリアワゴンⅡ NT-CW03-43648

こちらのキャリーワゴンは大容量でタイヤが極太なので、砂利道やキャンプサイト特有の凸凹した道でも抜群の走行性を発揮します。

防音イヤーマフ

お子様連れで来場予定の方にはぜひ持参して頂きたいアイテムが、「防音イヤーマフ」です。

一緒にライブを楽しむ際に、スピーカーからの大音量から耳を守る為でもありますし、大音量でお子様が驚いてしまうことも防げます。

防音対策をすることで、聴力への影響も最小限にできますので、1つ持っておくと今後のフェスや花火大会でも使えます。

熱中症対策

夏フェス程ではありませんが、ある程度の熱中症対策グッズは必要です。

熱中症対策として、日中は衣類は薄手にする事や水分補給はもちろん、塩飴や経口補水液を持参しておくと良いでしょう。

また、お目当てのアーティストまでの間に暑いのを我慢して熱中症…なんて事があると、せっかくのフェスが楽しめません。

適度に休憩を取るようにしましょう。

モバイルバッテリー(2日分)

キャンプフェスでは、充電設備等はありませんので、モバイルバッテリーを持参すると安心です。

スマホはステージのタイムテーブルの確認や天気予報、交通情報を確認する為にも必須アイテムですよね。

キャンプ用のポータブル電源を持参される方も多いですが、荷物は最小限にしたいという方には、10,000mAh以上のモバイルバッテリーがオススメです!

2つ持っておくと、2日目やキャンプ終了の14日まで充電をもたせておけるので安心です。

ボディシート(お風呂が無いので)

キャンプサイトA・Bにはお風呂がありません。

ふもとっぱらまで移動して温浴施設を利用したり、駐車場から車を出して温泉に行く手もありますが、「一晩くらい気にならない」「キャンプ終了後に立ち寄り温泉に行く」という方には、ボディーシートがオススメ。

水を使わないシャンプー等も一緒に持参すると、髪のパサつきや汚れも気になりません。

1つずつ持っておくと、非常時にも使えるアイテムなので、購入しておいても損はありませんね。

ボディーシート

水のいらないシャンプー

カイロ

夜は冷え込むので、お腹や背中に貼っておくと、温かさが2倍に!

コンパクトですし、かさばらないので、着替えのバッグ等に忍ばせておくと良いアイテムです。

リンク

ヘッドライト

ステージからキャンプサイトへの移動等の際、会場内に街灯がありませんので、夜は真っ暗な道を歩くことになります。

移動の際は手に持つライトより、ヘッドライトのほうが両手が空くので安全です。

また、トイレに行く時や暗い中の作業にも使えるので、こちらも一人一つ持参しても良いアイテムですね。

ヘッドライト

過去の感想

最後に、過去に朝霧JAMに参加した方の感想を紹介します。

初めて参加する方、いつもと違う方法で朝霧JAMを楽しみたい方は、過去の参加者の体験談を参考にしてください。

夜の気温や寒さは?

朝霧JAMの会場の10月平均気温は、最高気温19~25℃、最低気温17℃~11℃です。

その時の天気にもよりますが、昼夜の温度差を考慮する必要があります。

お風呂はどうするの?

「ふもとっぱら」エリアにはお風呂がありますが、それ以外のエリアにはお風呂がありません。

2日間お風呂に入らずに過ごした方も多いようです。

絶対にお風呂に入りたい!という方は、車で来場し、ふもとっぱらでキャンプするようにしましょう。

買い出しについて

犬もたくさん!

朝霧JAMには、犬連れで参加する人もたくさんいます。

子連れの感想!赤ちゃんは大変?

朝霧JAMは子連れも多く、子供も楽しめるフェスです。

しかし、赤ちゃんを連れて行くのは少し厳しいかもしれません。

自転車でも行ける!?

朝霧JAMに自転車で行こうと試みる人もいるようですが、自転車はちょっと厳しいようです。

バイクで行った感想

朝霧JAMの会場にはバイクで行くことも可能です。

一人で行った感想

朝霧JAMは一人で参加することもできますが、やっぱり友達や家族、恋人と行った方が楽しそうですね。

車中泊の感想

朝霧JAMは車中泊も可能です。

キャンプは厳しい!という方は、まず車中泊から始めてみても良いかもしれませんね。

 

※アイキャッチ画像は朝霧JAM公式Instagramより引用