嵐がコロナで活動休止延期は本当?来年も続行の可能性にファン歓喜!

新型コロナウイルスの影響で嵐の活動休止が延期になる可能性があると東スポが報じました。

新型コロナウイルスの影響で、様々なイベントが中止となっている中、今後予定されている嵐のイベントも中止が予想されます。

中止したイベントを来年に行うために、嵐は来年も活動続行するのではないかと言われています。

嵐活動続行の可能性でファンは歓喜する一方、大野智に心配を寄せる声も続出しています。

新型コロナウイルスの影響で嵐の活動休止が1年延期は本当?

新型肺炎の影響で、嵐が活動休止を延期する可能性があると東スポが報じました。

以下、重要な部分を引用します。

「新型肺炎の影響で、活動期間が延長される可能性が浮上している。」

「嵐はすでに4月に予定していた中国・北京公演の中止を発表したが、5月15、16日の国立競技場公演や、今年9月から予定されているといわれる“ファイナル・サンクス・ツアー”にも影響が及ばないはずがない」

「全てが中止、もしくは延期になる可能性が出てきました。ただ、20年以上、ファンに支えられて活動してきた以上、直接お別れをできないまま活動休止というわけにもいきません。やはり中止ではなく、延期するのではないでしょうか。そうすると、12月31日には日程が間に合わず、活動休止自体が延びてしまうのではないかと言われているんです」

「実は、テレビ局は嵐の活動休止延期を見据えた編成を水面下で計画しています」

「嵐が来年も活動している可能性は、ゼロではなくなってきた。」

引用:https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/johnnys/1758033/

2020年末に活動休止することを発表していた嵐ですが、こうなると来年も活動続行する可能性がありそうですね。

また、この東スポの報道後、「嵐の活動休止延期はない」との記事も出ましたが、3月13日の「FRIDAY」も嵐の活動休止延期の可能性について指摘しています。

というのも、嵐は秋に「ファイナルサンクスツアー」を予定しているとのことで、仮にコロナの影響でこのままツアーやコンサートの延期が続き、活動休止期間に入ってしまうと、ラストイヤーの収入がなくなってしまうからです。

事務所としてもこれは避けたいところですよね。

嵐が来年も続行の可能性でファン歓喜も大野智のメンタルを心配する声も

嵐の活動休止はリーダーの大野智の申し出により決定しました。

大野智は自分の好きなように時間を使いたいという思いが強かったのですね。

テレビでは疲れた顔ややつれた顔が目立つ時もありました。

そんな中、今年の新型コロナウイルスによる影響で嵐の活動休止が延期になってしまうと、大野智の精神、メンタルは持たないのではないか?との声も見られました。

もう終わりと思って動いていたでしょうから、流石に活動休止延期、来年も1年間続行は辛いですよね。