荒木豊の通信会社はソフトバンク!機密情報の内容や経歴学歴プロフィールについても!

  • 2020年1月25日
  • 2020年1月25日
  • 社会

ロシア通商代表部に不正取得した機密情報を漏洩したとして大手通信会社の荒木豊容疑者(千葉県浦安市)が逮捕されました。

荒木豊容疑者の会社はソフトバンクということでした。

この記事ではスパイとしてネットでささやかれている荒木豊の情報漏洩事件や経歴や大学など学歴プロフィールについてもまとめました。

ロシア通商代表部に機密情報漏洩 |ソフトバンクの荒木豊が逮捕

警視庁公安部は25日、勤務先だった通信大手、ソフトバンクの機密情報を不正に取得したとして、同社元社員、荒木豊容疑者(48)=千葉県浦安市=を不正競争防止法違反(営業秘密の領得)の疑いで逮捕した。同部は荒木容疑者が取得した機密情報を在日ロシア通商代表部の職員らに渡したとみており、調べを進めている。

逮捕容疑は2019年2月18日、自身が勤務していたソフトバンクのサーバーにアクセスし、同社の営業秘密である機密情報など計2点を複製し不正に取得した疑い。

公安部によると、荒木容疑者はロシア通商代表部の現職職員の男に唆されて、取得した情報を渡した疑いがあるという。警視庁は25日、外務省などを通じ、既に帰国した元職員の男を含めた2人を出頭させるようロシア側に要請した。

荒木容疑者は19年末に同社を退職しているという。逮捕容疑について認めており、職員への情報提供についても「現金を複数回もらったことがある」などと話しているという。

ソフトバンクは25日、「多大なるご心配とご迷惑をおかけしたことを深くおわびする」とするコメントを発表した。同社は、無断に社外に持ち出されたのが作業文書などで、顧客の個人情報といった機密性の高い情報は含まれていなかったとしている。

日本経済新聞

在日ロシア通商代表部に機密情報を漏洩したとしてソフトバンクの元社員・荒木豊容疑者が逮捕されました。

荒木豊容疑者は2019年2月18日にソフトバンクのサーバーにアクセスし営業秘密である機密情報などを不正取得しロシア通商代表部に渡していたとのことでした。

当時、すでに荒木豊容疑者はソフトバンクを退職しています。

荒木豊ソフトバンク

引用:ソフトバンク

こちらは2017年3月31日時点の記録となっています。

荒木豊の動機は「小遣いが欲しかった」と金目当てであることが判明しています。

実際に現金を複数回もらっていたそうです。

荒木豊の顔画像・経歴・学歴プロフィール|自宅住所は千葉県浦安市


ロシア通商代表部に情報を漏洩していたとして逮捕された荒木豊容疑者ですが、ネットではスパイと呼ばれています。

ここでは荒木豊容疑者の顔画像や経歴・学歴プロフィールについてまとめました。

  • 名前:荒木豊
  • 年齢:48歳
  • 生年月日:1972年
  • 自宅住所:千葉県浦安市
  • 高校:不明
  • 大学:不明

続いて、荒木豊容疑者の経歴についてですが、こちらはソフトバンクの人事異動情報によりますと、2017年4月1日以前は「テクノロジーユニット モバイル技術部門 モバイルIT推進本部 無線プロセス統括部 統括部長」であったことが分かっています。

2017年4月1日の人事異動では「技術統括 西日本技術本部 中四国技術統括部 統括部長」に異動したことが判明しました。

また、荒木豊容疑者の顔画像については現在のところ公開されていません。

ロシア通商代表部はスパイと判明。機密情報の内容は?

捜査関係者によると、公安部は在日ロシア通商代表部の職員が機密情報を手に入れるため、諜報(ちょうほう)活動の一環として荒木容疑者に近づいたとみている。2人は少なくとも数回にわたって飲食を伴う接触を繰り返していたとみられる。

 警察庁は25日、荒木容疑者を唆して情報を入手した疑いがあるとして、通商代表部の職員と元職員を警視庁に出頭させるよう外務省を通じてロシア側に要請した。元職員は2017年に帰国しているという。

 ソフトバンクは同日、ホームページで「多大なるご心配とご迷惑をおかけしましたことを深くおわび申し上げます」と謝罪。荒木容疑者が持ち出したのは、自らが管理職として関わっていた通信設備工事の工程管理に関するマニュアルで、個人情報や取引先の情報などは含まれていないとしている。同社は昨年12月、荒木容疑者を懲戒解雇処分とした。

毎日新聞

また、ロシア通称部代表の男は諜報活動の一環で一連の行動を行なっていたと報じられています。

また、機密情報の詳しい内容に関しては荒木豊容疑者はソフトバンク勤務時代に管理職として関わっていた通信設備工事の工程管理に関するマニュアルと報告されました。

ネットの反応