新井浩文の現在!判決は懲役5年の理由は?今後は?示談金2000万拒否に賞賛の声も

  • 2019年12月2日
  • 2019年12月2日
  • 芸能

マッサージ店の女性従業員に性的暴行を行なったとして強制性行の罪に問われていた俳優の新井浩文(朴慶培=パク・キョンベ)被告。

世間では長らく新井被告の問題が騒がれてきましたね。

現在は初公判が行われ懲役5年の判決が出ました。

相手型の女性は示談を断り続けたとして賞賛の声も上がっています。

これに対して新井浩文被告は即日控訴を行いました。

この記事では新井浩文被告の現在について判決の理由などまとめました。

新井浩文の現在 懲役5年の判決に


派遣型エステ店のセラピスト女性に性的暴行を行なったとして強制性行の罪に問われている俳優の新井浩文(本名:朴慶培=パク・キョンベ)被告。

新井浩文被告は2018年7月に東京都世田谷区の自宅マンションにて犯行を行なったとして逮捕されました。

判決が出るまでに様々な調査が行われましたが、12月2日の判決で懲役5年が言い渡されました。

これまでの双方の主張
検察側 :懲役5年を求刑

新井被告:相手方女性に同意があったとして無罪を主張

新井被告は相手の女性に同意があったと認識し、暴力や脅迫は行なっていないとして無罪を主張してきました。

これに対して、被害者女性は次のように証言しました。

  • 膝や腕を押して抵抗した
  • 「触らないで」と言った
  • ベッドに倒され物のように扱われ逃げることができなかった

今回、東京地方裁判所の瀧岡俊文裁判長は次のような理由から新井浩文被告に罪があることを指摘しました。

「抵抗したのに性的暴行をされたという被害者の証言の信用性は高い。被告が合意があると誤って認識するとは到底考えがたい」

引用:NHK NEWS WEB

抵抗できない状況での犯行は極めて卑劣であり実刑は免れないというのが裁判所の判決でした。

新井浩文が示談ではない理由は?女性が拒否?


では、なぜ、新井浩文被告は示談ではなく実刑判決を受けたのでしょうか?

ネット上では新井浩文被告が示談ではなく実刑判決を受けたことに少なからず疑問を感じている方もいたようです。

ここでは、新井浩文被告が懲役5年の実刑判決を受けた過程についてまとめました。

まず、このような事件が起きた際の裁判の流れを確認しておきましょう。

逮捕から裁判までの流れ
1.逮捕
2.勾留
3.起訴
4.公判
5.判決

新井浩文被告は逮捕後に示談金として1000万円を被害者女性に提示したそうです。

しかし、女性はこれを拒否しました。

すると、新井被告はさらに2000万円の示談金を提示しましたが、女性はこれも拒否したとのことでした。

新井被告の犯行に対して尊厳を踏みにじられた強い怒りの感情があらわになったと各ニュース番組で報じられました。

つまり、新井浩文被告が示談ではなく実刑判決を受けた理由は女性が示談金に満足しなかったからではなく、新井被告の犯行が許せなかったからでしょう。

この勇気ある被害女性の行動にネット上では「よく頑張った」と賞賛の声が上がっていました。

新井浩文の今後は?即日控訴へ


今回の判決で懲役5年の実刑判決を受けた俳優の新井浩文被告。

今後の新井浩文被告の動きはどうなるのでしょうか?

ここでは、新井被告の今後についてまとめました。

懲役5年の判決の言い渡しがあった後、新井被告は判決に不服であるとして控訴しました。

控訴とは一般的に上級の裁判所に対して不服と再審の申し出を行うことです。

実際に罪を犯していた場合でも必要以上に重い刑罰が言い渡されることがあります。

これに対して不服を申し出てもう一度裁判をしてもらうことが控訴です。

控訴は判決が言い渡された日から14日以内に行わなければいけません。

新井被告は判決が言い渡された12月2日に即日控訴を行なっています。

判決に対してよほどの不満があることの表れでしょう。

したがって、新井被告の裁判はまだまだ続くと思われます。

世間の反応

関連記事

2019年12月2日、新井浩文(本名・朴慶培=パク・キョンベ)がマッサージ店の女性に性的暴行をしたことについての裁判の判決が発表されました。 判決は、初犯で執行猶予なし5年実刑。 これに対し、判決が重いとの声が多数上がっています[…]

新井浩文が執行猶予なし実刑判決