あいちトリエンナーレ2019の混雑状況とオススメ駐車場!アクセス方法も

3年に1度、愛知県で開催される国際美術展覧会「あいちトリエンナーレ」。

「あいちトリエンナーレ2019」は「表現の不自由展」の慰安婦像などが物議を醸し

ニュースでも取り上げられたため、これまで以上に注目を集めていますね。

しかし、実際に行ってみると

「混雑しすぎて大変だった」

「駐車場の空きがない!」

と行った状況に陥ることも…。

そこで、ここでは「あいちトリエンナーレ2019」の会場別アクセス方法や混雑状況、空きのあるオススメ駐車場などを紹介していきます!

「あいちトリエンナーレ2019」日程・会場

  • 開催日:2019年8月1日(木)~10月14日(月・祝)
  • テーマ:情の時代 Taming Y/Our Passion
  • 会場:
    ・愛知県芸術文化センター(名古屋市中区)
    ・名古屋市美術館(名古屋市中区)
    ・四間道・円頓寺商店街・円頓寺本町商店街(名古屋市西区)
    ・豊田市美術館・豊田市駅周辺(愛知県豊田市)

「あいちトリエンナーレ2019」の作品の見どころや回り方、グルメなどについては、こちらで分かりやすく紹介しています↓

あいちトリエンナーレ2019の楽しみ方!モデルコース・回り方まとめ

子連れの方は、こちらをご覧ください↓

あいちトリエンナーレ2019は子供も楽しめる!おすすめイベント紹介!

「あいちトリエンナーレ2019」会場別アクセス方法

上記の通り、「あいちトリエンナーレ2019」には、4つの会場があります。

以下にそれぞれの会場へのアクセス方法を紹介していきます。

愛知県芸術文化センター

  • 住所:愛知県名古屋市東区東桜町1丁目13-2
  • 開館時間:10:00~18:00(金曜日は20:00まで)
  • 最終受付:閉館30分前迄
  • 休館日:月曜日(祝休日は除く)
  • HP:https://www.aac.pref.aichi.jp/
  • 展示場所:
    ・愛知県美術館(8F・10F)
    ・愛知県芸術文化センターB2F南階段、アートスペースA(12F)、アートスペースX(B2F)、
    ・愛知県芸術劇場大ホール(2F※音楽プログラムのみ)
    ・愛知県芸術劇場小ホール(B1F※音楽プログラム・パフォーミングアーツ)
    ・愛知県芸術劇場大リハーサル室(B2F※音楽プログラム・パフォーミングアーツ)
  • アクセス方法:
    【電車でのアクセス】
    「名古屋駅」より名古屋市営地下鉄東山線「栄」駅下車 徒歩5分
    【車でのアクセス】
    名古屋高速1号楠線・名古屋高速都心環状線「東新町」出口より車で5分
    地下有料駐車場有り
    (アートパーク東海:収容台数512台、30分270円、平日10:00~18:00最大1000円、HP:http://artpark-t.jp/)

「あいちトリエンナーレ2019」で一番の展示規模です。

駅から徒歩5分ですが、地下街を通れば涼しく会場に向かうことができます。

名古屋市美術館

  • 住所:愛知県名古屋市中区栄2丁目17-25芸術と科学の杜・白川公園内
  • 開館時間:9:30~17:00(金曜日は20:00まで)
  • 最終受付:閉館30分前迄
  • 休館日:月曜日(祝休日は除く)、9/17(火)
  • HP:http://www.art-museum.city.nagoya.jp/
  • 展示場所:
    ・名古屋市美術館(現代美術・参加型展示ラーニング)
    ・名古屋市美術館講堂(パフォーミングアーツのみ)
  • アクセス方法:
    【電車でのアクセス】
    「名古屋駅」より名古屋市営地下鉄東山線「伏見」駅下車 徒歩8分
    【車でのアクセス】
    名古屋高速2号東山線「白川」出口より車で3分
    場内駐車場無し、白川公園の有料駐車場をご利用ください。
    (白川公園駐車場:収容台数58台、30分180円、営業時間8:00~21:00)

名古屋市の芸術と科学の中心地、名古屋市美術館のある白川公園の中には「名古屋市科学館」があり

ブラザー社がプロデュースするプラネタリウムは圧巻です。

四間道・円頓寺

  • 住所:愛知県名古屋市西区那古野町1丁目~2丁目
  • 開館時間:12:00~20:00 (金曜日は21:00まで)
  • 休館日:月曜日(祝休日は除く)
  • HP:https://www.nagoya-info.jp/shisetsu/zBEKOQX6.html?cts=view
  • 展示場所:
    ・伊藤家住宅(四間道/現代美術)、那古野一丁目長屋(現代美術)
    ・なごのステーション(四間道/現代美術・ラーニング)
    ・円頓寺銀座商店街店舗跡(円頓寺商店街/現代美術)
    ・円頓寺商店街・円頓寺本町商店街アーケード(現代美術)
    ・円頓寺駐車場(円頓寺商店街/現代美術・音楽プログラム)
    ・幸円ビル(円頓寺商店街/現代美術)、名護の二丁目長屋(円頓寺商店街/現代美術)
  • アクセス方法:
    【電車でのアクセス】
    「名古屋駅」より名古屋市営地下鉄鶴舞線「丸の内」駅下車 徒歩7分
    【車でのアクセス】
    名古屋高速1号楠線・名古屋高速都心環状線「錦橋」出口より車で5分
    専用駐車場無し、近隣のコインパーキング等をご利用下さい。

《円頓寺商店街》

《四間道》

名古屋駅と名古屋城の中間に位置する、「円頓寺商店街」とその近くにある古い町並み「四間道」。

各会場に数点ずつの展示になるので、アートと商店街巡りができます。

レトロな雰囲気とアートの融合をぜひお楽しみに!

20:00より観覧可能なので、仕事帰りにフラっとアート鑑賞もいいですね。

豊田市美術館・豊田市駅周辺

  • 住所:愛知県豊田市小坂本町8丁目5−1
  • 開館時間:10:00~17:30
  • 最終受付:閉館30分前迄
  • 休館日:月曜日(祝休日は除く)
  • HP:https://www.museum.toyota.aichi.jp/
  • 展示場所:
    ・豊田市美術館(現代美術・パフォーミングアーツ・参加型展示ラーニング)
    ・名鉄豊田市駅下(現代美術)
    ・新とよパーク(現代美術)
    ・シティプラザ(現代美術)
    ・喜楽亭(現代美術)
    ・豊田市民ギャラリー(現代美術)
    ・旧豊田東高等学校(現代美術)
    ・豊田市文化会館(パフォーミングアーツ・9/21・22のみ)
  • アクセス方法:
    【電車でのアクセス】
    「名古屋駅」より名古屋市営地下鉄東山線「伏見」駅で鶴舞線の「赤池・豊田市駅方面」に乗換、「豊田市」駅下車
    「名古屋駅」より名鉄名古屋本線「豊橋」方面で「知立駅」で名鉄三河線に乗換、「豊田市駅」下車
    豊田市美術館は「豊田市駅」から徒歩15分
    【車でのアクセス】
    東名高速道路「豊田IC」より約15分
    東海環状自動車道「豊田松平IC」より約15分
    伊勢湾岸自動車道「豊田東IC」より約20分
    無料駐車場有(収容台数:250台)

《豊田市美術館》

《豊田市駅周辺》

豊田市美術館とその周辺施設でも「あいちトリエンナーレ2019」の作品が観覧できます。

三河地区にお住まいの方は、こちらから観てみるのもいいですね。

豊田市美術館は、設計は美術館建築で名高い谷口吉生、庭園はアメリカのランドスケープ・アーキテクト、ピーター・ウォーカーによるもので

美術鑑賞はもちろん、美術館の全体の建築や庭園の散歩をして楽しむのもオススメ。

豊田市駅周辺では名鉄豊田駅下を始めとする6ヶ所で展示、この6ヶ所も豊田市駅・新豊田駅・豊田市美術館周辺にあるので、公共交通機関の乗換等の必要はありません。

「あいちトリエンナーレ2019」の混雑状況・交通渋滞は?

続いて「あいちトリエンナーレ2019」の交通渋滞や混雑状況について、ツイッターで確認したいと思います。

ツイートによると、名古屋市美術館あたりは比較的空いているようですね。

一方で、愛知県芸術文化センターや豊田市美術館あたりは混雑するようです。

「あいちトリエンナーレ2019」会場周辺のオススメ有料駐車場

「あいちトリエンナーレ2019」の会場へのアクセス方法についてご紹介しましたが、愛知県芸術文化センター・名古屋市美術館、豊田市美術館には併設の駐車場もあります。

しかし、土日祝日は併設の駐車場が大変混雑し、入庫待ちの列が出来る場合も。

会場周辺には有料駐車場も多くあります。

今回は土日でも比較的駐車しやすい収容台数が多い駐車場をいくつかご紹介していきます。

愛知芸術文化センター周辺

《市営久屋駐車場》

  • 収容台数:499台
  • 住所:愛知県名古屋市中区栄3-5
  • 営業時間:7:00~24:00
  • 料金:平日:7:00~00:00 最大1500円
  • 土日祝:最大料金無し
  • 通常料金:7:00~00:00 30分300円、00:00~7:00 420分600円
  • 優待サービス:有り
    松坂屋 5000円以上1時間無料、20000円以上2時間無料
    三越・LACHIC 5000円以上1時間無料、20000円以上2時間無料
    名古屋パルコ 3000円以上30分無料、5000円以上1時間無料、20000円以上2時間無料

こちらの駐車場は中区栄地区「森の地下街」に直結しており、地下街を経由して愛知県芸術文化センターに行くことができます。

土日祝は最大料金の設定はありませんが、近隣の百貨店でランチやショッピングをすれば優待が受けられますので、お得ですね。

名古屋市美術館周辺

《NPHクイックパーキング栄一丁目》

  • 収容台数:80台
  • 住所:愛知県名古屋市中区栄1-4-32
  • 営業時間:24時間
  • 料金:月~土 24時間最大1300円
  • 日祝 24時間最大1000円
  • 通常料金:8:00~18:00 20分200円、18:00~8:00 60分100円
  • 優待サービス:無し

名古屋市美術館のある中区伏見地区はビジネス街なので、日祝は料金が比較的安めに設定している駐車場が多いです。

名古屋市美術館周辺に大型の駐車場もありますが、土日祝は近隣の「名古屋市科学館」やショッピングでの利用が多く、非常に混雑します。

こちらの駐車場は、名古屋市美術館まで徒歩13分程、途中歌舞伎の「御園座」やお土産屋さんもあります。

また、機械式立体駐車場で係員が常駐しているので、駐車も安心です。

四間道・円頓寺商店街周辺

《名鉄協商 那古野2丁目》

  • 収容台数:115台
  • 住所:愛知県名古屋市西区那古野2-22
  • 営業時間:24時間
  • 料金:入庫より24時間まで1200円
  • 通常料金:8:00~24:00 30分200円、00:00~8:00 60分100円
  • 優待サービス:無し

こちらの駐車場は円頓寺商店街から徒歩約3分、四間道まで徒歩約5分の場所にあり

駐車場からのルートも駐車場を出て左手の大通りを北に直進するだけ。

南側にある地下鉄「国際センター駅」から名古屋駅に直結する地下街もあるので、ついでに買い物を予定されている方は、名古屋駅周辺より駐車料金がお得に停められる場所です。

豊田市美術館・豊田市駅周辺

《ヴィッツ駐車場》

  • 収容台数:680台
  • 住所:愛知県豊田市西町5
  • 営業時間:24時間
  • 料金:30分150円、00:00~6:00 30分100円
  • 優待サービス:有り
    フリーパーキング加盟店舗利用3時間無料、豊田市美術館の利用で最大5時間まで無料

豊田市では「フリーパーキング」という3~5時間駐車場無料サービスがあり

「ヴィッツ駐車場」の他、16の駐車場が加盟しています。

ホームページでは「車室が広く停めやすい駐車場」や「飲むならパーキング」等、特色のある駐車場も紹介されています。

「フリーパーキング」の加盟店は約500店舗。

豊田市駅前の商業施設「T-FACE」「VITS豊田タウン「GAZA」「コモ・スクエア」「KiTARA(イオン系列)」はもちろん、飲食店や宿泊施設・銀行も加盟しています。