志村けんがコロナ感染で相葉雅紀は大丈夫?肺気胸の病気にファンから心配の声も!

3月25日、タレントの志村けんが新型コロナウイルスに感染していたことが発表されました。

これに伴って、志村けの番組共演者の嵐の相葉雅紀のコロナ感染を心配する声が続出しています。

というのも、相葉雅紀は過去に肺気胸という病気で入院しており、肺が弱いことで知られているからです。

この記事では、相葉雅紀の新型コロナウイルス感染の可能性や過去の肺気胸の病気についてまとめました。

相葉雅紀の新型コロナウイルス感染は大丈夫?志村けんの濃厚接触者?


3月25日、お笑いタレントの志村けんが新型コロナウイルスに感染していることが明らかになりました。

志村けんは3月中旬頃から咳や熱などの肺炎の症状を訴えており、24日にコロナウイルス検査で陽性が出たとのことでした。

現在は都内の病院に入院している志村けんですが、ネット上では志村けんの共演者の感染状況は大丈夫なのか?と疑問の声が上がっていました。

特に、嵐のファンからは毎週放送されている「天才!志村どうぶつ園」で共演している相葉雅紀の感染を心配する声が続出しています。

ここでは、志村けんと共演した相葉雅紀の新型コロナウイルス感染の状況についてまとめました。

相葉雅紀と志村けんは毎週土曜日の「天才!志村どうぶつ園」で共演しています。

二人とも司会を努めており距離が近いことで懸念されています。

問題なのは、最後の「志村どうぶつ園」の収録日がいつだったのか?ということですが、3月25日放送のスッキリによると、最後の収録日は3月5日と発表されています。

新型コロナウイルスの潜伏期間は5日〜10日くらいと考えるのが妥当でしょう。

志村けんは3月中旬に肺炎の症状が出始めましたので、3月15日と仮定すると、最後の「志村どうぶつ園」の収録とギリギリ重なるか、重ならないかといったところでしょうか。

おそらく、相葉雅紀を含め共演者が濃厚接触者になっている可能性は低いのではないかと思われます。

相葉雅紀は肺気胸の病気で入院していた?


今回、志村けんの新型コロナウイルス感染を受けて、濃厚接触者として心配の声が上がっている嵐の相葉雅紀ですが、ネット上では、「志村けんがコロナ感染なのに相葉の心配なのか?」と批判の声が上がっていました。

しかし、ファンの方は相葉雅紀が肺気胸という肺の病気で過去に二回も入院していることから、肺が弱いことを知っています。

ここでは、相葉雅紀の過去の病気についてまとめました。

相葉雅紀 肺気胸

まず、相葉雅紀が初めて肺気胸を患ったのは2002年です。

気胸は肺に穴があいて肺から空気が漏れ、タイヤのパンクのように肺がしぼむために、胸痛、咳や息切れなどが生じる病気です。穴があく原因の多くは、肺の表面に「のう胞」(「ブラ」とも言います)が生じ、これが破れるためです。ブラができる理由や破れる理由は、現在でも正確には分っていません。

引用:https://aih-net.com/respiratory/user/disease/pneumothorax.html

当時、相葉雅紀がまだ19歳の時に右肺気胸で闘病しています。

相葉雅紀は当時、手術も行い5日で退院しますが激しい運動はできないかもしれないと医師に告げられます。

肺気胸の手術で相葉雅紀の肺は40%も縮んでしまったそうです。

相葉雅紀は「もう嵐に戻れないかもしれない」と思ったそうです。

嵐がステージで歌って踊っているのを見て、とても悔しかったそうです。

相葉雅紀 肺気胸

その後、回復した相葉雅紀ですが、2011年に、今度は左肺気胸で緊急入院します。

この時、相葉雅紀は1週間入院しています。

その後は、健康に気を使い運動の習慣をつけたそうです。

このように、相葉雅紀は肺が弱いことで嵐ファンの間では有名です。

今回、志村けんの新型コロナウイルス感染発表で相葉雅紀への心配の声が続出したのも、過去の肺気胸の病気が原因でした。

相葉雅紀、志村けんを含め、接触者の無事を祈るばかりです。

ネットの反応

この記事では、志村けんの新型コロナウイルス感染を受けて、相葉雅紀のコロナ感染の状況をまとめました。

志村どうぶつ園の最後の収録日は3月5日ということで濃厚接触ギリギリといったところです。

また、相葉雅紀は肺気胸の病気で闘病しており肺が弱いことでファンからは心配の声が上がっていることを振り返りました。

最後にネットの反応をまとめました。