僕のワンダフルライフが泣ける!あらすじ内容や感想を紹介!

2019年9月27日に金曜ロードショー『僕のワンダフルライフ』が放送され

「感動した!」

「泣いた!」

と話題になりました。

犬好きはもちろん、犬嫌いでも思わず泣いてしまう感動ストーリーですね。

ここでは『僕のワンダフルライフ』のあらすじ内容やみんなの感想をまとめていきます。

さらに、金曜ロードショーを見逃してしまったという人や、もう一度みたいという人のために、無料で視聴できる動画配信サービスも紹介します!

『僕のワンダフルライフ』ネタバレ・あらすじ内容

『僕のワンダフルライフ』のあらすじは、簡潔にいうと主人公で犬である「僕」がなんども生まれ変わり、五回目の転生で一番大切な飼い主・イーサンの元に戻る話です。

もう少し内容を詳しく説明すると以下のようになります。

軽くネタバレになりますので、まだ見てない!という方は注意してください。

「僕」の五回の人生のあらすじは以下のようになります。

1回目の犬生

一回目の「僕」の人生、いや”犬生”は非常に短く

野良犬の赤ん坊として生まれましたが、『野犬捕獲業』の人間に捕まって死んでしまいます。

2回目の犬生

二回目に「僕」は最愛の飼い主・イーサンに出会います。

ゴールデン・レトリーバーに生まれ変わった「僕」は、少年イーサンに命を救われたことで

「絶対にこの子を離さない」と決意します。

少年イーサンは「僕」にベイリーと名付け、それからイーサンとベイリーはずっと一緒にいました。

「ボスドック」というニックネームもつけました。

イーサンは高校生になり、アメフトの実力選手になりましたが、それでもベイリーとずっと一緒にいました。

夏祭りに出かけたイーサンとベイリーは女子高生のハンナに出会い

ベイリーがハンナのスカートに」頭を突っ込んだことから、イーサンとハンナは仲良くなり、やがて恋人になりました。

イーサンとハンナは同じミシガン大学に行こうと約束し、イーサンはアメフトのスポーツ推薦入学が決まりました。

ところが、兼ねてからイーサンのアメフトの実力を妬んでいた同級生の男子生徒・ルーが嫌がらせで家に花火を投げ込んだことが原因で、イーサンの家は全焼。

イーサンは足に怪我を負い、アメフトでのスポーツ推薦入学ができなくなりました。

卑屈になったイーサンは、ハンナに別れを告げます。

その後、イーサンはベイリーを置いてひとりで遠い農業大学へ行きました。

置き去りにされたベイリーは年老いて弱っていき

イーサンを幸せにできなかったことが心残りのまま、息を引き取りました。

3回目の犬生

「僕」はメス犬に生まれ変わり「エリー」と名付けられました。

男性警官カルロスと共に、警察犬として活躍しましたが、犯人に銃弾で撃たれ、死んでしまいました。

4回目の犬生

今度はコーギーとして生まれ変わり、「僕」は飼い主である黒人女性のマヤにティノと名付けられました。

ある日「僕」は黒人男性・アルが飼うメス犬・ロクシーに恋し、それがきっかけで飼い主同士マヤとアルは仲良くなり、結婚します。

ロクシーとずっと一緒にいられて幸せな生活を送る「僕」ですが、やがてロクシーが先に天国へ旅立ってしまいました。

やがて「僕」も弱っていき、静かに息を引き取りました。

5回目の犬生

「僕」はまた生まれ変わり、今度は大型犬になっていました。

若いカップルの女性が「僕」を気に入り、ワッフルズと名付けられたのですが、すぐに女性は犬に飽き、やがて男性が「僕」を捨てました。

「僕」は若いカップルの元には戻りたくないと思っていたところ、懐かしい匂いを嗅ぎつけ、町から田舎へ移動したところ、イーサンのところに到着します。

最初は保健所に連れて行ったイーサンですが、犬のことが気になって引き取ることを決意し

「僕」に「バディ(相棒)」と名付けます。

イーサンは一人で寂しく暮らしていたので、なんとかして元恋人のハンナをイーサンの元へ連れてきました。

「僕」のおかげで、イーサンとハンナは結婚することになりました。

最後に「僕」は自分があの時の「ベイリー」であることを証明し、ハッピーエンドです。

『僕のワンダフルライフ』が泣ける!みんなの感想

『僕のワンダフルライフ』無料視聴動画!金曜ロードショー見逃した人も

U-NEXT
なら30日間無料で視聴できますので、見逃したという方はぜひ

U-NEXT
でご覧ください!

詳細はこちら↓

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!