下池新悟会長のプロフィール!出身大学や家族や嫁妻?川井梨紗子選手嫌がらせ内容まとめ!

石川県レスリング協会の会長・下池新悟氏(72)が女子レスリング・川井梨紗子選手に嫌がらせを行なっているとの報道がありました。

下池新悟会長は逆に嫌がらせを受けていると主張。

一体、レスリング業界はどのようになっているのでしょうか?

この記事では、下池新悟会長の家族・嫁妻や・出身大学・生年月日などのwikiプロフィールや川井梨紗子選手への嫌がらせ内容をまとめました。

下池新悟氏の経歴プロフィール(wiki風)


川井梨紗子選手への嫌がらせが主張され問題になっている石川県レスリング協会会長・下池新悟氏。

ここでは、まず下池新悟会長の経歴プロフィールについてwiki風にまとめました。

  • 名前:下池新悟
  • 年齢:72歳(2019年現在)
  • 生年月日:1946年
  • 出身地:石川県?
  • 出身高校:星稜高校
  • 職業:石川県レスリング協会会長

以上が下池新悟会長のプロフィールです。

下池新悟会長は現在、72歳。

生年月日は1946年は年齢で判明しますが、詳しい月日については不明となっています。

続いて、下池新悟会長の経歴について以下にまとめました。

  • 1970年:石川県レスリング協会常任理事就任
  • 2018年:旭日双光章受賞
  • 2019年:JA志賀理事就任

以上が簡単な下池新悟会長の経歴です。

この他にも、下池新悟会長は有限会社高浜牧場の代表取締役に就任していたり、学校法人稲岡学園議員を務めています。

下池新悟会長はレスリング協会の会長の他にも様々な経歴を持っていることが分かりますね。

下池新悟会長の評判が馳浩のブログに

今回、川井梨紗子選手への嫌がらせが告発され話題になっています下池新悟会長。

嫌がらせをしているという告発から、下池新悟会長の評判はどうなの?といった声がネット上で多く上がっています。

ここでは、下池新悟会長の評判についてまとめました。

まず、下池新悟会長の評判として注目を集めたのが、プロレスラーから国会議員になられた馳浩さんのブログです。

2019年4月21日に書かれたブログでは下池新悟会長に関して次のように書いています。

08時30分、志賀町武道館。

石川県高校レスリング春季大会

ジュニアオープン大会。

かつて石川県にレスリング部といえば星稜高校しかなかった頃、寂しいもので春季大会なんてあっという間に終わっていた。

今や野々市明倫高校、北陵高校、志賀高校、星稜高校の四校時代。

そこにジュニアの子供達も加わるもんだから、保護者も駆けつけてくださり、賑やかしいことこの上ない。

こうした基盤を作り上げてくださった鈴木龍雄先生、故人となった村田信親会長、下池新吾現会長には感謝しても仕切れない。

引用:はせ日記(4月21日)

石川県のレスリング部を盛り上げたとして下池新悟会長の功績や努力を讃えています。

こうしてみると、レスリングというスポーツの普及や成長に対しては疑いのない賞賛があるようです。

今回の、嫌がらせとは別で評価すべきでしょう。

下池新悟会長の家族は?結婚してる?嫁妻は?


続いて、下池新悟会長は結婚しているのか?

といった疑問が見られましたので調べてみました。

72歳ということですから、結婚して妻(嫁)がいて、子供、または孫までいても不思議じゃありませんよね。

実際に、ネット上やtwitterで下池新悟会長について情報収拾してみました。

しかし、現在のところ下池新悟会長が結婚しているとか、嫁がいるとの情報はありませんでした。

そこそこ有名な方で高齢な方ですから、情報がないということは結婚もしていないし妻もいないのかもしれません。

現在のところ公開情報はありませんでした。

下池新悟会長の出身高校・大学は?


今回、石川県レスリング協会会長として嫌がらせの告発を受け話題になっている下池新悟会長。

ネット上では下池新悟会長の出身高校や大学について疑問の声が上がっていました。

ここでは、下池新悟会長の出身高校や大学についてまとめました。

まず、調査してみたところ下池新悟会長の出身大学についての情報はありませんでした。

もしかしたら大学には通っていないのかもしれません。

古い方ですから十分に考えられますよね。

しかし、下池新悟会長の高校については情報が見つかりました。

下池新悟会長は石川県金沢市の高校である星稜高校出身とのことでした。

星稜高校といえば、レスリング部が有名で県春季大会では団体戦・個人戦とも優勝。

石川県高等学校春季レスリング大会で、レスリング部が団体戦でも優勝と好成績をおさめています。

下池新悟会長の出身高校であるのも納得ですね。

下池新悟会長の自宅も話題に?


また、今回、川井梨紗子選手への嫌がらせで注目されている下池新悟会長ですが

ネット上では下池新悟会長の自宅まで話題になっていました。

ここでは、下池新悟会長の自宅住所への話題にについてまとめました。

まず、公開情報について調査してみましたが、下池新悟会長の自宅に関する情報はありませんでした。

下池新悟会長は高校も石川県の星稜高校ご出身で石川県レスリング協会会長を務めているということから自宅も石川県にあるのかもしれませんね。

これについては確定情報はありません。

下池新悟会長の川井梨紗子選手への嫌がらせまとめ!

これまでそれほどニュースや報道にはあがってこなかった下池新悟会長。

しかし、川井梨紗子選手への嫌がらせが問題になり問題になっています。

ここでは、下池新悟会長による川井梨紗子選手への嫌がらせ内容をまとめました。

まず、下池新悟会長による川井梨紗子選手への嫌がらせとして告発されたのが、下池新悟会長による悪口・陰口でした。

川井梨紗子選手だけでなく、川井選手の家族にまで悪口を言っていると告発されています。

川井選手「(会長は)川井家には関わりたくないと言っていると聞いたことがあるので、こういう授賞式にも顔を出さないと思う。連絡もいただいたこともない。おめでとうとかもない」

引用:Yahooニュース

家族の悪口を言っているとしたら、それは大変傷つきますね。

また、川井選手は両親や家族への嫌がらせが続いていると主張しています。

この他にも、下池新悟会長の嫌がらせとして女性差別が告発されました。

また、「(会長から)『石川県には、オリンピックの内定者が2人いますが、残念ながら女です』と発言あったと聞いた。身近なはずの地元の会長からそういう発言されたことが悲しい」といった発言も。

引用:Yahooニュース

オリンピク内定者が県内から出ること自体が誇らしいことと思われます。

それも、2人も出ていたらなおさらすごいことです。

しかし、これに対して下池新悟会長は女性であることから「残念」と表現しています。

これは川井選手のみならずもう1人の選手にとっても非常に悲しいことです。

この他にも、金メダルを獲得したリオオリンピックでは壮行会を開いてもらえなかったなどの主張が川井選手によってされています。

これらの嫌がらせ告発に対して、下池新悟会長はどう回答したのでしょうか。

下池新悟会長は川井梨紗子選手の告発に対して全面的に否定しています。

下池新悟会長は以下のように答えました。

「3年前(リオ五輪後)に祝賀会までしてあげている。激励旗まで渡している。帰ってきて、ありがとうも言ってこない。こっちが嫌がらせを受けている」

引用:Yahooニュース

下池新悟会長はリオオリンピックの後に祝賀会を行なった。

激励旗を渡した。

など適切な祝福を行なったことを述べ、感謝の言葉などがないことから自分が嫌がらせを受けていると主張しました。

また、川井梨紗子選手の地元では川井選手と両親の態度について次のように声が上がっているそうです。

互いに感情的になっているようだが、パワハラを訴えた川井に関して地元ではこんな声が上がっているのも事実だ。

「実は梨紗子がリオで金メダルを取って以来、両親とも石川のレスリング界から距離を置くようになったのです」と、県のレスリング関係者がこう続ける。

「当時、梨紗子はまだ大学生で、東京五輪での連覇を目指していただけに、両親ともチヤホヤされて道を踏み外すのは良くないと考えたのでしょう。祝勝会などの行事は日本協会や至学館大学主催のものにしか極力、出席させなかった。地元で開催するレスリング教室のコーチを依頼されても、両親がむげに断ることもあったといいます。梨紗子が地元に帰省する機会も減って、公の場に姿を見せる機会も少なくなったことから、県のレスリング関係者から反感を買ったのでしょう」

引用:niftyニュース

つまり、リオ五輪で川井選手が金メダルをとってからというもの、川井選手とご両親は石川県レスリング界から距離を置き、地元のレスリング関係のイベントはむげに断っていたと。

石川県のレスリング界からしてみれば、「川井梨紗子選手の今を作ったのはうちだ」という思いが強いのでしょう。

どちらか一方が悪いというような事案ではなさそうです。

一体、何が正しいのか、今後の2人の主張に注目です。

下池新悟会長への世間の声